霊的クリスマス

早いもので、今年もあとわずかとなりました。クリスマスももうすぐですね。
我が家では舅が当日友人に披露したいと、ケーキの土台を買ってきて、デコレーションの練習をしているようです。普段あまり仲が良いとはいえない姑も協力し、その姿にこちらまで何だかホッコリした気持ちをいただきました。
クリスマスはやはり、どこか人を特別な気持ちにさせるイベントなのかもしれませんね。

さて、日本のクリスマスは、ケーキを食べ、皆でプレゼントを渡しあって楽しむ一日ですが、本来はイエス・キリストという聖人を偲び、神に祈りを捧げるための一日です。

私はキリスト教徒の方が教会で祈りを捧げる姿を、実際に見たことはないのですが、ドラマや映画の中で見るかぎり、厳かで特別な雰囲気があるように感じています。
一般の日本人から見ますと、自分とは関係のない遠い世界に思えるのではないでしょうか。

しかし霊的な側面から見ますと、キリスト教徒でなくても、高級な存在を思い祈りを捧げる事は、霊的に成長するために大変重要な行為であったりします。

実は、昔の日本人なら普通にできたことでした。
お正月には神社へ。イワシの頭を玄関に飾り、月に団子を捧げ・・・・いくつも、いくつもの古来からの風習は、本来、神に祈りをささげるための行事でした。

今は残念ながら風習として形が残っているだけで、肝心の祈りをささげる習慣の方は無くなってしまっていますが、
そういう祈りの習慣から遠ざかってしまった私達のために、一冊の童話が販売されています。
↑こちらは紙の書籍になります。

こども向けではありますが、年末で忙しい大人の方々にとっても、高級な存在を自然に思え、霊的なエネルギーを得られる一冊になっているように感じます。
内容はこちらです。

昔の日本人であれば、誰しも得ていた霊的なエネルギーが、この童話から皆様に流れますように。
どうぞ良いクリスマスを。

by群馬ブログ編集部

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

 

2 thoughts on “霊的クリスマス

  1. 神様を信じることは恥ずかしい事ではありません。

    お子様の、素朴な信仰心を育ててやってください。

コメントを残す