霊猫あーちゃんとの生活 #028

ー  あーちゃんの性格  ー

猫は、まあ犬もそうでしょうが性格はマチマチでしょう。と言うより人間と同じで個性が全部違います。あーちゃんの性格はこの投稿でも折に触れて語っているのですが断片的なのであーちゃんの性格を総合的に語ったことはないように思います。本日はあーちゃんの人(猫)となりをつまびらかにしてみたいと思います。

あーちゃんの性格を一言で現すと、とにかく穏やかな猫です。おっとりでもノンビリでもなく穏やかなのです。思い起こせばあーちゃんの機嫌が悪かったことは一度もありません。今日は不機嫌なので手を出すのをやめようとか虫の居所が悪く言うことを全く聞かないとかが無いのです。努めて穏やかに振る舞って我慢をしてストレスを溜めている風でもありません。とにかくいつも自然体なのです。

勿論、無関心、無感動というわけでもありません。あーちゃんにも好きなものはいっぱいあります。あーちゃんの好きな物を挙げると

1.人間

2.  お腹もふもふ

3.   コンビニのレジ袋

4.   朝のブラッシング

5. おやつのチャオチュール

です。

1の人間はどうしたらそんなに人間が好きになれるのというくらいにあーちゃんは人間が大好きです。あーちゃんのような性格の猫を飼うまでは猫は人間を警戒し近づくと逃げて行くと言う印象しかありません。100歩譲っても猫が心を許すのは飼い主だけでそれも人間が猫に奉仕するのが当たり前という上から目線の懐き方だと信じて疑いませんでした。

先日も妹夫婦が甥っ子姪っ子を連れて遊びに来ましたがあーちゃん突然の来訪にも大喜びで甥っ子姪っ子にじゃれついていました。普段はぐーたらなオッサンとポンコツな婆さんと言う限られた人間としか接触の無いあーちゃんですからオモチャで遊んでくれる生きの良い人間は大喜びです。オモチャだけはいっぱいあるのでいつも一人で遊んでいるあーちゃんからしたらパラダイスタイムです。その日は心ゆくまで遊んで貰えて疲れたのか早々にベッドで寝ていました。しかし昼間の興奮からか夢を見て何やら寝言を沢山、言っていました。

2のお腹もふもふはネットの情報によると猫が触ると嫌がる場所なので触ってはいけないそうです。確かに思いっきり急所なので分かる気がします。加えて猫は後ろ脚と尻尾も触られることを嫌がるそうです。しかしあーちゃんはその三箇所とも嫌がる素振りも見せません。特にお腹に関して言えばあーちゃんの全身を撫でている時にその手がお腹にかかった途端にクルリとひっくり返りお腹のもふもふをねだります。

3のコンビニのレジ袋は正にあーちゃんにとってマタタビ以上の興奮アイテムです。レジ袋のカサカサと言う音を聞いた途端に興奮して頭を突っ込んで来ます。何をするのかと眺めているとあーちゃんは一心不乱に舐め回します。どうも舐め回した時の舌触りとこのカサカサと言う音がたまらなく好きなようです。取手の部分をガシガシ噛むのも好きなようです。まあ飲み込んだりしないように目の届く範囲で遊ばせておく分には安上がりなのであまり目くじらは立てていませんが私が居ない時に事故でもあったら怖いのでレジ袋はみんなS字フックであーちゃんの手の届かない高所に吊るしてあります。知らない人が見たら何かの運気上昇の為のまじないかと思うかもしれません。でも実際、あーちゃんが頭を突っ込んでレジ袋を舐め回している時に取手の部分があーちゃんの尻尾に引っかかりあーちゃんを追いかけてくるカサカサという音から逃げる為に家中を走り回るという事件はありましたが(笑)

4のブラッシングは前回、お話しましたがこれは本当に毎日の日課になっています。あーちゃんはブラッシングが大好きなのに決してねだらないところがあーちゃんの性格を如実に物語っています。毎日のブラッシングが功を奏してかあーちゃんの毛並みは本当にツルツルしていて触ると気持ちが良いのです。あーちゃんの姿が視界に入るたびにあーちゃんを撫でますがあーちゃんも気持ちが良いのか?はたまたあーちゃんが気を使っているのか撫でると速攻で喉を鳴らすのですが普通、猫はゴロゴロと聞こえるのにあーちゃんはブーブーとかフゴフゴと聞こえます。美猫のあーちゃんですがチョットそれは不細工かな。

5のチャオチュールは嫌いだったり見向きもしない猫を逆に知りません。その例にもれずあーちゃんも大好きなのですがそう頻繁には与えることはありません。そう高価なものでもないのでもっと与えても良いのですが本当にパッケージを見ただけで普段は大人しいあーちゃんも鳴いてねだる程です。なので敢えてスペシャリティ感を出す為にハレの日のプチご褒美としてストックしてあります。勿論、あーちゃんが逃げ出した時の為の誘き寄せ用と言う位置づけもありますが。

後、最近のあーちゃんのお気に入りの日課があります。私の夕食前5分程の時間なのですがあーちゃんが以前、3回目の脱走を計った窓から外を眺めることです(第20話参照)ここで家の前を通る車を眺めたり向かいの家で遊ぶ子供達の声を聞いたりしています。あーちゃんの前脚で開かなく細工した網戸にするので夕飯時の近所のごはんの匂いもあーちゃんは堪能しているようです。穏やかなあーちゃんがこの日課をしないと暴れて手を付けられないということはありませんが何故かあーちゃんがこの時間を大切にしていることは伝わって来るのであーちゃんをいつもは入れないこの場所に招き入れ二人で外を眺めます。

あーちゃん幸せかい?

続く

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

4 thoughts on “霊猫あーちゃんとの生活 #028

  1. あーちゃんの良い子ぶりは本当に羨ましいです。ウチには甲斐犬が居るのですが、賢いのですが、我が強くチョーせっかちでオオ飯ぐらいです。その割にはすごく甘えん坊なのでそれに騙されてしまいます。(笑)

    動物のテレビ番組でも見ましたが、チャオチュールは人気があるようですね!

  2. 猫の居る生活はいいですねえ〜♪(*>_<*) 好みは猫それぞれ違うはずなのに、チャオチュール好きだけは例外がないってのも面白いですね。

  3. あーちゃんの記事は、いつもゆたんぽさんの愛がいっぱい詰まっていて、癒やされます~♪(^o^)動物もそれぞれ個性があって、面白いですね。

コメントを残す