天気予報

私は仕事の関係上、天気予報をよく見ます。

最近ではスマホで気象庁だけではなく民間の見解も見れますし、ピンポイントでの情報も見れますので大変便利なのです。

ラジオなどでは「個人的にはこう思います。」と言う天気予報士の見解の方が当たったりするので、興味深い所がありますが、それでも100%当たるわけではありません。

ここまで科学が発達しているのにも関わらず、予報しかできないのです。

自然には、物理法則とは別の法則も関わっているのかもしれませんね。

雨が降られては困る時など、色々な情報を見て自分なりに推測するのですが、情報に振り回されるより、単純に昔ながらの山を見て判断した方が当たったりします。

そして、過ぎてみれば結果は一つです。

霊的な世界も似たようなところがあるように思います。

ですが、天気予報は科学に基づいていますので、嘘をついているわけではありませんが、霊的な情報は、証明出来ない事を良いことに無責任な内容も多く、中には嘘もあります。

それを信じた挙句、取り返しのつかない事になりかねません。

死んでからでは遅いのです。

間違った知識や嘘の情報が蔓延る中、真実は一つしかないのです。

 

結果は既にあなたの幽体に刻まれています。

水波霊魂学で正しい霊的知識を知って下さい。

byガンリキ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

4 thoughts on “天気予報

  1. 知り合いの農家さんに、長年お天道様の下で働いていたから、空気の流れで天気がどう変わるか分かる、なんて方がいます。ガンリキさんの山での判断と同じく、予報機械より人間のアナログな肌感覚の方が使える場合もありますよね。

    霊的な事柄に関しては、物理的な範疇ではないのだから、デジタルの世界からは決して答えを見つけることはできません。
    ご自分の肌感覚で、死後はどうなると思うか、答えを探しておく必要があります。

  2. 僕も小さい頃からずっと田舎の同じ集落に住んでいたので、
    空を見れば大体1日の天気が分かりましたよ(´∀`人)

    浪人になって、急に千葉に住んだ時は、
    空が毎日くすんでいたので、
    「今日も雨か」と本気で毎日思っていました^^;
    毎日、本気で雨だと思っていたので、なかなか出かけられなかったです(苦笑)

    雨だと思っていたのが、晴れたり、晴れだと思っていたのに雨が降るくらいなら全然大丈夫ですけど、
    無いと思っていた世界があったり、その世界には上下高低があると、後から知っても手遅れですよ(´・ω・`)

  3. 都会の人工物に囲まれて生活しているからか、天気にはまったく無頓着になってしまいました。(*´з`)
    霊的に正しいものを見極める力も、現代社会で生活していると鈍くなってしまうのかもしれません…。本当に、真実はひとつしかありませんね!

  4. 科学の基本骨子には再現性の実証というものがあります。
    つまりAという原因からBという結果が必ず現れA‘という原因からB‘という結果が必ず現れることを証明するものです。
    証明には公式が用いられ公式に関わる変数こそ変わりこそすれ導き出される答えは全く同じにならなければ科学とは呼べません。
    天気予報は過去の実際にあった膨大なデータを元に類似性を導き出して未来を予測するものですが100%に限りなく近づくことはあっても絶対に100%にはなりません。
    これが天気予報が予報たるゆえんです。

    霊的真実や霊的法則は科学的な観測機器が今現在は存在していないので予測はおろか存在の実証すら出来ません。
    しかし観測機器がない為に実証出来ないものは物質の世界にもゴロゴロあります。
    そんな不完全な学問に身を委ねて取り返しのつかない不幸な未来に舵を切るのはもうやめましょう。

    契山館の主張は今現在、もっとも精度の高い霊的真実を語っているのですから。

コメントを残す