死んだらどうなるの?

人間は、誰ひとり例外なくいつかは死にます。

死んで終わりであれば何も問題ありませんが、もし仮に、死後の世界が実在していたら、そこがいったいどんな所なのか気になるのではないでしょうか?

水波霊魂学を知ると、この世の常識があの世ではまるで通じない事に驚かされます。

もし、今すぐ死んであの世に行ってしまったとします。

昨今は、自然災害や突然の悲惨な事故が相次いでいるので、明日は我が身です。そう言ったことが絶対ないとは言い切れない時代です。

目が覚めたら見たこともない場所で、誰一人知り合いもいない、腹も減らない、眠くもならない、時間ばかり無駄に過ぎて行き、(実際は時間と言う概念はないらしい)

どうやら私は死んだらしいと自覚した時「いったいこれからどうすれば良いのか?私はどうなってしまうのか?」と半ばパニック状態になるのは容易に想像できます。

「誰でもいいからこの現状がどういう事なのか教えてほしい」そう思った時に、親切にも教えてくれる人が現れたとします。

ですが、その人が本当に親切な人なのか、それとも親切なフリをしてその後、大変悲惨な世界へ連れて行こうとしている人なのか、どのような人が迎えに来てくれるのかは、地上に生きていた時に既に決まっているのです。

地上での人生では、特に悪いことをしていなかったので、天国ではなくても、そこそこ普通の世界に行けるのではないかと楽観的に思っていても、あの世の法則を知るとそうも言っていられないのです。

この世でも、知らない土地に旅行に行く時は、情報が多いほど安心に決まっています。あの世でも同じなのです。

ですが、あの世に行ってしまえば、もう戻ることは出来ませんし、分らない事があっても家族や知り合いに電話をかけて聞く事も出来ません。

ということは、そこで誰かに教えてもらうしかないのです。

それが現実であれば、生きているうちに情報を集めておいた方良いに決まっています。

ですが、その前に大切なのが、まずは下の世界に落ちないための対策なのです。それが契山館の推奨する「神伝の法」なのです。

下に落ちてしまえば極端にそこから抜け出るのは難しいらしいので、まずはそこを何とかしないといけません。

後はあの世の知識があれば、親切な先輩に聞きながら努力して行けば良いそうです。

そのガイドマップ的な書籍を紹介します。

死後の世界で恋をして
ネコの死後はどうなるの?
この世で生きていた時に身近にあったテーマを題材に、あの世の仕組みが勉強できます。
この世を去る前に、是非読んでみてください。

byガンリキ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

5 thoughts on “死んだらどうなるの?

  1. 「死後の世界で恋をして」は私も大好きな一冊です。これほど、死後の世界をわかりやすくリアルに描かれた書籍はないと思います。

    空想では生み出せない世界観ですから、読んだら信じざるを得なくなりますよ!

  2. 不謹慎な例えですが現状は特殊詐欺に普通に暮らしている高齢者が会うような状況です。
    これだけ警察や行政が警告をして詐欺の手口もこと細かに公開しているにも関わらず被害は減るどころか増え続けている。
    自分は騙されないと豪語していても、いとも簡単に騙される。
    単純な話です。
    騙される方よりも騙す方が圧倒的に有利な立場にあるからです。
    騙す人間には絶対に敵いません。
    だったら最初から詐欺師の居ない世界へ行けば良いだけの話です。

    『神伝の法』はその力がある唯一の救済手段なのです。

  3. 誰でも死にますよ~。
    死後の世界の事を知りたければ、霊魂学を知ってください!
    奥が深くて難しいですけど、大事な事や知っておかなきゃいけない事は簡単ですよ!

  4. 死後の世界は、次元の違う世界なので、存在すると、この世の科学で証明することは出来ません。

    しかし、存在しないと証明されているわけでもありません。

    もし、《死後の世界》が存在し、私達は、死後、そこで《霊魂》として生き続けるかもしれない、と少しでも思えるなら、ぜひ、《契山館》で《水波霊魂学》を学び、《神伝の法》の霊的トレーニングを始めて頂きたいと思います。

  5. 今知らずとも、死んでから情報を集めればいいのでは?と思われるかもしれませんが、それがなかなか至難の技のようです。
    霊的な世界について正しい知識を持ち、人を正しい方向に導こうとするような霊魂には、ある程度上の世界に入らないと出会えないのだそうです。そのためには、まず自分の幽体を鍛えないといけません。
    今はこの世に正しい情報の詰まった霊的な書籍が有りますから、あの世で情報が無いと苦しまないように、共に学んでいきましょう。

コメントを残す