元を取る「食べ放題」

私は食べ放題が大好きです。

最近は食べ放題と言っても料理のジャンルや種類も多岐にわたって食べ放題マニアとしては正に黄金期の到来と言った感じです。ひと昔前までは食べ放題と言うと《安かろう悪かろう》を絵に描いたような店も多くありましたが今日ではそのような店は殆ど消え去り。美味しい料理をお腹いっぱい堪能出来る店が数多く存在しています。

そして食べ放題の醍醐味と言えば『元を取る』です。基本的に食べ放題の店は安易に元が取れないようにビジネスモデルが構築されています。何故なら簡単に元を取られては企業としての維持、成長、拡大と言う大原則から逸脱してしまうからです。

しかし今日は私が今まで培って来た食べ放題の元を取るノウハウと『食べ放題』道を指南して参りたいと思います。

想定としてはバイキング形式の多くの料理が楽しめるタイプの食べ放題を設定します。

焼肉を中心とした和洋中の料理が楽しめるタイプの食べ放題を想像して下さい。単品タイプや同一ジャンルの食べ放題だと満腹になるか味に飽きてしまうと終わりですので元を取れる条件は量をいかに食べるかに終始してしまいます。単純に大食漢であれば良いと言う事になってしまいますので工夫の余地が無く好きな料理をお腹いっぱいと言う目的の為に楽しむことが一番だと思います。

①  食べ放題の前の食事は抜いてはいけない。

良く、食べ放題に行くからと沢山食べる為に食事を抜いて来る人がいますがこれは逆効果です。消化器官が働いていない時間が長くなると大量の食べ物の消化に上手く消化器官が対応出来ず実力が発揮出来ません。準備運動無しに全力疾走する様なものです。そして食事と食事の間の時間は最低でも4時間以上開けて下さい。直前の食事は普通の量か気持ち多めでも構いません。間食は勿論ダメですが飲み物は飲んでも構いません。しかしシュガーレスの物に限ります。おススメはブラックのホットコーヒーです。ホットと言うことで胃腸を冷やさないこととコーヒーに含まれるカフェインが胃腸の働きを活発にします。ちなみにコーヒーは食べ放題の直後に飲むことも良いです。

②  料金が1番安い時間帯、曜日を狙って行く

食べ放題の店は同じ食べ放題でも曜日(土日祝と平日)と時間帯(ランチかディナー)で設定料金を変えている店が多くあります。これは何もしなくても数多く来店する土日祝のディナータイムを高い料金設定にし来店者数がどうしても減ってしまう平日ランチタイムを安くすることによって稼働率を下げない為の戦略です。料理の種類や内容は差別化されていますが極端な違いはない為に結果、平日ランチタイムの割安感が際立ちます。私は平日のランチタイム以外に行ったことはありません。

③家族では行かない。

食べ放題の店はお金を払ってたいして食べていない人から利益を取るシステムになっています。でもデザートを含めた沢山種類のある料理、フリードリンクなど家族でワイワイやりながらテーブルを囲むと楽しい時間を過ごせます。しかし子供や高齢者は実のところ余り多くの量は食べれないし意外と原価率の低いつまり店側にとって利益の大きい食品を中心に食べることが多いのです。勿論、子供料金やシルバー料金を設定して割安感を演出しているのですがそれでもちゃんと採算が取れる料金設定になっていますので食べない人と行くのは元が取れにくくなります。行くとすればガチで元を取りたいというメンバーを選抜するべきでしょう。私の場合は若い頃は付き合ってくれる友人がいましたがもう最近は戦力にならないのでいつも1人で行きます。1人で食べている人間は確かに少数派ですが、大丈夫です。誰も1人で飯を食っているオッさんのことは気にしません。

④原価率の高い物を食べる。

原価率の高い物を順番に並べると野菜➡︎肉➡︎加工品➡︎穀物(米、小麦)になります。野菜は意外に思われるかもしれませんが野菜は収穫してから日持ちがしない為、輸入品と言う訳にはいきません。なのでどうしても国内の物を使わざるを得ません。だからどうしても原価率が高くなってしまうのです。では元を取るには野菜を食べれば良いのかと言うと違います。野菜は火を通さないとかさが大きく食べにくい上に食べても直ぐ満腹になってしまいます。多く食べれないと言う理由から実質的には肉がトップになります。

⑤食べる順番を決める。

これは良く間違えるところなのですがバイキング形式の食べ放題だとついつい自分の食べたいものから手を出してしまいがちですが空腹を抱えてさあ食べるゾとなった時、大抵の人は主食とオカズを食べようとしてしまいます。ご飯とパンとか麺類をお皿に乗せて目に付いたオカズをお皿に盛る。ここに落とし穴があります。主食の炭水化物や糖質は食べると短時間で身体に吸収されてしまい血糖値が急激に上昇してしまいます。この血糖値が高い状態とその血糖値をエネルギーに変える為のインスリンの分泌が脳の満腹中枢に作用してもうお腹いっぱいになるのです。だから最初はひたすら肉を焼いて食べてチョットお腹が膨れて来たかなと感じ始めたところで好きなものを食べて下さい。最初の30分は肉をひたすら食べて下さい。肉はタンパク質と脂質が中心なので血糖値が直ぐには上がりません。沢山の肉が食べれます。

⑥My焼肉のタレを持ち込む。

食べ放題というシステム上、緻密な原価計算とコストダウンを図らないと利益は生み出せません。味付けを自分好みにする為の調味料も例外はありません。焼肉も下味を付ける段階では、客側はどうすることも出来ませんが食べる直前であれば方法があります。備え付けの焼肉のタレはちゃんと用意されているのですがコスト管理の影響かチョット残念な味の場合があります。私は自分好みの焼肉のタレをこっそり持ち込んで食べています。これだけで焼肉のグレードが2〜3段階アップします。お店の人に注意されないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんがこれは店側、客側双方にメリットがあります。店側は備え付けの焼肉のタレが減らないし客側は美味しい焼肉が食べられる。私はこっそりですがいつもやっています。抵抗がある方にはおススメしませんが。

⑦絶対に残さず食べて取り皿も必要最小限にする。

食べ放題は絶対に残してはいけません。必ず食べれるだけの量をその都度、持って来て食べましょう。特に満腹に近くなった時は少量をこまめに取りに行く様にしましょう。廃棄処分される食べ残しの食品は食べ放題の店にとってはお金を捨ていると同義です。美味しい食事が安くお腹いっぱい食べれるのも緻密なコスト計算があってこそです。廃棄ロスの分のコストが価格に上乗せされたら自分で自分の首を絞めることになります。取り皿も厨房で汚れた食器を洗う人の労力を考え必要最小限の枚数を使い回しましょう。奥で食器を洗っている人の労力とそれに掛かる人件費も考えればやはり将来的に価格が上がってしまうかもしれません。私は生肉の取り皿、焼肉の取り皿、オカズの取り皿、デザートの取り皿と4枚しか使いません。食べ物は変わっても多少の汚れがチョット混ざったくらいで味など全く変わりません。

 

以上、食べ放題の攻略法をお伝えしましたが食にこだわるのは肉体を持つが故のことです。死後、幽体の存在に変化すれば食べる必要はありませんが肉体を所持していた頃の食への想いが忘れられない霊魂もいるようです。

せめて肉体を所持している間は食は命を繋ぐ為に必要不可欠なのでこうした楽しみがあっても良いのかと考えます。

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

6 thoughts on “元を取る「食べ放題」

  1. 私は年を取ってから食べ放題は全く元が取れません(笑)なので行かないことにしています。
    欲でそんなに食べたくないものまで食べてしまい、腹を抱えて体重を気にしてしまいます(笑)

    食べ放題の食べ残しを見ると、腹が立ちますよね!

    私は酒が好きなので、どちらかと言うと量より、酒に合うつまみが適量にあれば満足なのです。

    食べ放題の記憶をあの世に持って行けば、際限なく食べた気になれますかね(笑)

  2. 食べ放題、たまにしか行きますが、やっぱり心が躍ります。(^^♪
    絶対にもとは取れないので、好きなものを好きなだけになってしまいますね。

    でも、お腹いっぱい食べ終わって幸せな気分でいると、他のテーブルの食べ残しや残った食材が目に入って私もガッカリしてしまいます。

    食べ物も死ぬ前は幽体を持っていた生き物ですし、残酷だなぁと思っちゃうんですよね。
    でも、やっぱり食べなければ生きていけないし、美味しく食べて、食べられて良かったと思われるような霊的生命体にならねばと思ったり、色々考えさせられます。^_^;

  3. 僕は昔から外で食べると吐きそうになるので、食べ放題って行ったことがないですよ~^^;
    でも神伝の法のおかげか?だいぶ良くなったので、今度、元を取れるように挑戦したいです(`・ω・´)

  4. 私は若い頃は、かなり食べた方なので、食べ放題の店では、それなりに元が取れていたと思います。

    特に大きな仕事の後では、普通のレストランで、4~5人前を食べて周囲を驚かせても、満腹にならなかったような記憶があります。

    今は、すっかり少食になりましたが、体型は昔の名残です(笑)。どうしたら、体重が減るのでしょう・・・。

    そういうわけですので、最近は食べ放題の店に行くことは全くありませんが、旅先のホテルの食事がバイキング形式ということはあります。

    その時には観念して、ホテルの売り上げ増加に、積極的に貢献しています(笑)。かなり優良な宿泊客のはずです。

    でも、営業終了後に、大量に残ったままの料理が気になります。従業員の方が召し上がっておられるのならよいのですが・・・。

  5. 焼肉だとつい白飯が欲しくなりますが、原価を考えると^^;
    高そうな肉、魚介を少しずつ食べるのが良さそうですね。

  6. 「元をとる」というミッションに対し、ここまで緻密な分析と対策をとられるゆたんぽさんの熱意がスゴイです!!(^_^)
    私は食べ放題で元をとれない派なので行かないのですが、家族に大好きな人がいますよ~。
    並んでいる色々なお皿から、自分の好きなものを好きなだけ持ってこれるというのがたまらなく楽しいんだそうです。
    元を取れないけれど、その自由な感じが好きなんだそうで、束縛から解放されたい幽体の気持ちなのかなぁなんて思っています。

コメントを残す