保険のCM「もったいない」

テレビを見ていて、ある保険のCMの台詞が耳に付きました。

 

「これだけ言っているのに、まだ伝わっていませんか・・・」

その後に「ハァ~」と深いため息をつきます。

 

 契山館の主張がまったくその通りだと、思わず私もため息を付きました。

 

人生は山あり谷あり、転ばぬ先の杖として皆さん保険に入ります。

 死後も生き続けるのだとすれば、やはりその先の事も考えるべきです。

 

「もったいない」

 

そのCMでの最後の一言です。

 知らずにいることが、どれだけ不幸なことか気付いて欲しいです。

 是非「死後まで続く幸福のために」「これまで知らなかった霊魂の真実」をお読みください。

 Byガンリキ

 

4 thoughts on “保険のCM「もったいない」

  1. 霊的トレーニングの効果を感じますと、何故こんなに凄い行法が広まっていないのか、不思議でなりません。
    本当に本当に、知らないのはもったいないです

  2. ずっと霊的な真実を求めていれば、《契山館》の存在に気付くチャンスは、訪れるものなのかもしれません。

    私ですら、数十年かかったものの、気付くことが出来ましたから。

    ただ、ほとんどの場合、この世では、霊的なことに無関心でも、生きられてしまうのですよね。不道徳な霊魂の干渉によって不幸に見舞われても、霊的なことが原因だと、真剣に考える方は少なそうです。しかも、その原因が自己の《幽体》の状態にあるとは・・・。

    霊的な真実を求めるには、多くの場合、何かのきっかけが必要なのかもしれません。

    でも、死後のことを考えると、やはり霊的な真実を知り、《幽体》を鍛えることこそ、人間にとって最も大切なことだと言えます。

    今のままでは、本当に「もったいない」です。

  3. 本当にもったいない!
    せめて、霊魂学を知って欲しいです。
    知った上で、物欲で生きるなら、自業自得ですので構いませんが、
    「宗教嫌い」っていう程度の理由で、知らない人は、本当にもったいない!って思います。
    せめて、知って欲しいです(´・人・`)

  4. 保険の価値を伝えるのが非常に難しいです。
    万一の時に対する現実味が薄いですし…
    死後は誰でも関わりますし、生きている間にも保険となる価値を見出して頂ければ、良いのですが。

コメントを残す