幽体を鍛えるべき時代(その1)

現代は、《幽体》を鍛えることによって、《幽体》を健全化し、成長させることが不可欠な時代だと言えます。

なぜならば、現代は、この世の霊的環境が著しく悪化していますので、特別に《幽体》を鍛えない限り、《幽体》を健全な状態に保つことが出来ないからです。

だからこそ、現代を生きる私達と、後に続く人達が《幽体》を確実に鍛えられるようにと、偉大な《神霊》が《神伝の法》の《霊的トレーニング法》を、降ろして下さったのだと思います。

《幽体》が不健全になっても、すぐには肉体には悪影響が出ないかもしれません。

しかし、《幽体》と肉体は重なっていますから、状況によっては、《幽体》の不調が肉体の不調の原因になったり、不道徳な霊魂の干渉を受ける原因となって、思わぬ不幸に見舞われることにもなりかねません。

そして何よりも、《幽体》が不健全なまま肉体の死を迎え、《幽質界》という《死後の世界》へ入ってしまうと、《下層の幽質界》という、《幽体》が不健全な《霊魂》が集まる世界へと、落ちてしまう可能性が高まるそうです。

そこはまだ、本物の地獄と言えるほど、下の世界ではないそうですが、暴力的な霊魂も数多く存在するようなので、まるで地獄のような、恐怖と苦痛に満ちた世界であることは間違いないでしょう。

そのような世界に、一度落ちてしまうと、死のない《幽質界》には終わりがないので、恐怖と苦痛は際限なく続いてしまいます。さらに、《指導霊》の方も容易には近づけない世界なので、導き手がおらず、そこから脱け出すのは極めて困難なのだそうです。

《死後の世界》の《幽質界》で、幸せに生活することが出来る上層の世界に入れるか、苦痛に満ちた下層の世界へ落ちてしまうのか、それを分ける基準は、《幽体》の健全の度合いなのでした。

ですから私達は、この世で生きているうちに、何としても《幽体》を鍛え、健全化させておく必要があるのです。

肉体の健康を維持するには、適切な栄養摂取が欠かせません。肉体に必用な栄養が不足すれば、栄養失調となって、健康が損なわれます。

実は、《幽体》にも全く同じことが言えます。

ただし、《幽体》を健全化させるために必用なのは、物質の食物ではありません。

質の良い《幽気》という霊的な気が、《幽体》が健康を維持するために欠かすことの出来ない栄養素なのです。

《幽気》は、肉体内を流れる血液のように、幽体内を流動しているほか、空気とも重なって存在していて、その《幽気》を栄養分として、吸収しているのです。

ただし、《幽体》にとっての栄養分になるのは、質の良い高級な《幽気》のみなのです。

高級な《幽気》を吸収すれば、《幽体》は栄養の補給が出来て、その健康を維持し、活力を高めることが出来ます。

しかし、性質の低い《幽気》は、《幽体》にとっては毒素のようなもので、《幽体》に付着したり吸収されると、《幽体》の健康を損なわせ、活力を低下させてしまいます。

昔は、神社の境内などには、《幽体》の栄養素となる、高級な《幽気》が存在していたそうです。

それは神様とは言えなくても、神様に仕えているような、高級な《霊魂》の方々が、神社におられたからです。

高級な《霊魂》の方々の《幽体》内は、高級な《幽気》が流れ、高級な《幽気》を保持しておられます。つまり、高級な《霊魂》がおられる場所には、高級な《幽気》があるのです。

ですから、当時は、定期的に神社等を参拝していれば、《幽体》は高級な《幽気》を吸収して、《幽体》を健全にし、その活力を高めることが出来ました。

そのため、当時は、特別に《幽体》を鍛えるためのトレーニングを行わなくても、普通の人が普通に生きていれば、死後は普通に幸せに生きられる世界へと、入れる場合が多かったそうです。

ところが、現代では、神社の境内などにあった、高級な《幽気》が失われてしまっているそうです。

その原因は、この世の人間が、素朴な信仰心を失なってきたからのようです。

もはや、この世から、自然な状態で存在している高級な《幽気》は、失われてしまったというのが、悲しい現実のようなのです。

そうなると、この世の人間は、《幽体》の栄養補給が出来ませんから、《幽体》は、特別な対策を取らなければ栄養失調となり、不健全となってしまいます。

《幽体》が健全で成長した《霊魂》や人間は、質の良い《幽気》を保持していて、そのような《幽体》の持ち主が存在する空間には、質に良い《幽気》が満ちます。

しかし、《幽体》が不健全となった《霊魂》や人間は、質の低い《幽気》を保持してしまっていて、その存在する空間に満ちる《幽気》の質も低くなると考えられます。

このように、私達人間は、高級な《幽気》を吸収し、《幽体》を健全化する機会を失い、保持する《幽気》の質も低下しています。また、質の低い《幽気》を持った不道徳な霊魂が、この世を徘徊しています。その結果、私達の周囲に存在するのは、質の低い《幽気》ばかりとなってしまい、それらと日々、接触している私達の《幽体》は、ますます不健全になるばかりなのです。

その結果が、死後にどのような事態を招くのかは、先に申し上げた通りです。

繰り返しになりますが、この世において、《幽体》を鍛えて健全にしておくことの重要性を、ご理解頂ければ幸いです。

それでは、将来、そのような最悪の事態を避けるための対策ですが、この世に自然な状態で高級な《幽気》が存在しないのであれば、高級な《幽気》が有る所から、お持ちの方に持ってきて頂けば良いわけです。

高級な《幽気》が存在するのは、《上級の幽質界》などの上の世界で、そこにおられる《指導霊》などの高級な《霊魂》の方々が、高級な《幽気》をお持ちなのです。

ですから、そのような高級な《霊魂》の方々に、お越し頂き、その空間に入らせて頂けば、昔の神社の境内のように、私達は、高級な《幽気》を吸収させて頂くことが出来るのです。

ただし、高級な《霊魂》の方々と、私達、この世の人間では、通常、《幽体》の性質が違いすぎます。また、高級な《霊魂》の方々がおられる世界と、現代のこの世では、存在する《幽気》の質も違いすぎます。

そのため、《指導霊》などの高級な《霊魂》の方々に、来て頂くことは、容易ではありません。

通常は、《幽体》の質が違う存在同士は交流が出来ませんし、その空間に存在する《幽気》の質が、自らの《幽体》の性質と異なる世界には、居辛いのだそうです。

そもそも、高級な《霊魂》の方々からは、この世の劣悪な霊的環境は暗すぎて、視認することすら難しいそうです。

そこで《契山館》では、定められた通りの作法を行ったり、研修の受講後に、次第書の通りにトレーニングを行うことによって、《指導霊》の方にお越し頂き、そのお持ちの高級な《幽気》を吸収させて頂いたり、そのご指導によって《霊的トレーニング》を行うことが出来るのです。

高級な《幽気》に満ちた、《契山館》の《支部集会・分会集会》は、定期的に行われていて、見学も可能です。

《契山館》では、強引な勧誘活動を、一切行っておりませんので、《支部集会・分会集会》についての詳細は、お近くの《支部・分会》へ、メールにてお問い合わせ下さい。

次回は、本稿の続編として、攻撃的な念を受けることにより損傷する《幽体》について述べさせて頂く予定です

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

4 thoughts on “幽体を鍛えるべき時代(その1)

  1. このブログをご覧の方も、幽体くらいは聞いたことがあると思います。実を言うとその幽体の状態が幸不幸の分かれ道なのです。宗教団体の戯言と右から左へ流さず、一度だけでも目を通して欲しいです。

  2. 下の世界は大変だと思いますよ((((;゜Д゜))))ブルブル
    消える事も死ぬ事も出来ないんですよ(´・ω・`)
    争ってばかりだと思うし(´・ω・`)
    これくらいの事は誰でも想像つきますよね?
    下の世界に行きたくなければ、幽体を成長させてください!

  3. 何も悪いことをしてなくても、普通に生きているだけで地獄のような世界に行くなんて、なかなか受け入れにくい現実です。。。ですが、信じたくなくても現実なら受け止めて、何かしら行動しなければいけないのですよね。

  4. 信じたくないと思われる方も、このブログをできれば読み続けていて欲しいです。頭の片隅に忘れないでいて欲しいです。
    知識があるだけでも、死後の生き方が変わるかもしれませんし…。

コメントを残す