蕎麦の花

蕎麦は私の好きな食べ物の一つです。

蕎麦の花は意外に奇麗ですよね。

いつもの散歩道に咲いていた蕎麦の花です。

 

ゲストはヤマトシジミです。

 

先日、ある田舎の蕎麦屋で生まれて初めて相席を経験しました。

 

おいしい蕎麦を出しくれそうな佇まいだったので、妻と二人で入りました。

お客もまばらだったので、フロア担当の70代後半くらいのお婆さんに6人席に案内されました。

 

お昼時だったのでお客さんがだんだん混んできました。

 

私は嫌な予感がしてきました。「田舎だし、あの年代のお婆さんが店を回しているとなると相席を頼まれるのではないか?」と思った矢先、お婆さんとバッチリ目が合ってしまいました。

 

案の定、半ば強制的に「 相席お願いできますか?」

 

気の小さい私は断ることも出来ず、6人席は私達夫婦2人と女性3人男性1人のグループが座ることになりました。

 

私達は遠慮がちでしたが、その4人は何も気にせず楽しそうに会話をしてました。

 

隣の女性も肩が触れるのではないかと言うくらい結構近く、私はとても食べた気がしませんでした。

 

蕎麦はおいしかったのですが、もうそこへは行きません(笑)

 

Byガンリキ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

3 thoughts on “蕎麦の花

  1. 蕎麦の花、きれいですね。

    私も蕎麦は好きで、うどんが嫌いだったのですが、近年、なぜかうどんも好きになりました。

    関東などでは、蕎麦とうどんは同じ値段なのですが、西日本では蕎麦の方が高い店があって(最近はどうでしょう?)、若い頃の貧乏旅行では、注文の際に、なぜだろう?と悩んだものでした。

    相席は私の場合、一人旅で経験することが多いです。

    特に、ホテルでの朝食とか、フェリー内のレストラン等は、特定の時間に利用者が集中するので、私のように一人で着席すると、相席になる確率が高いです。

    コンサート会場等の、開演前のレストランも同じですね。

    まあ、私も一人で、相手も一人だったら、お互いに黙々と食べるだけなので、あまり問題がありませんが、相手がグループだと、ちょっとキツイですね。

    昔、特急列車の指定席の座席を回転させて、4人掛けにした座席を、3人のグループが占領して、会話が盛り上がっていました。

    私は、とても一人で座っていられずに、満席の列車だったので、約1時間の間、デッキで立って過ごしました。

    現在では、4人とか6人の定員で利用する場合以外は、座席の回転を遠慮するように、案内することがあるようです。

  2. 僕も相席苦手ですよ~^^;
    そもそも外食は吐きそうになるのに、相席なんて(苦笑)

  3. 広い蕎麦畑ですね、お写真綺麗です〜(^^)
    田舎の方の、人気のあるお蕎麦やさんだと、相席多いかもしれませんね。
    飲み会のような席なら、初対面同士でも話すことでお互いを知れて、ホッとできるんですけど、相席で仲良くなるってことないですしね〜(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。