知恵(慧)と知識

私は本ブログの投稿はいつもスマートフォンで行います。

パソコンが使えない訳ではないのですが今ではプライベートではすっかりパソコンからスマホに取って代わられてしまいました。パソコンは仕事の時しか使いません。スマホの便利さは今更、言うにあたわず、私のようにスマホとパソコンの使用頻度が逆転している方は現在では主流派だと思われます。

私ごとで恐縮ですが今回の投稿からスマホがiPhone8plus(エイトプラス)からiPhone11Pro Max(イレブンプロマックス)に機種変更したことをご報告させて頂きます。本日の本題に入る前にお耳汚しとして簡単に私とスマートフォンの話をさせて下さい。ちゃんと本題に繋がる話しですのでご容赦願います。

私がスマホデビューをしたのはかなり遅い方です。最初はHTCという台湾のスマホメーカーの機種でした。このメーカーは今は事実上、スマホ事業から撤退して一部はGoogleに買収されています。何故、このスマホを購入する必要に迫られたのかは未だに思い出せませんが端末代がタダだったことだけは覚えています。当時はa uでの契約で仕事用とプライベート用に2台の携帯を持っていましたから端末代の掛からない機種変更の一環として選んだのかもしれません。

次に私のスマホ遍歴が大きく動くのは今から約6年程前です。これは結構覚えています。サムスンのGALAXY S4(ギャラクシーエスフォー)でした。今では考えられない話ですが当時はサムスンの日本のスマホ市場進出の為の戦略の一環としてバンバン販売奨励金が大判振舞いされていたこととMNP(ナンバーポータービリティー、電話番号が変わらず通信会社を変更出来る制度)が始まり通信会社の契約者獲得と既存契約者の流出防止の囲い込みが最も加熱していた時期でしたのでauからNTTドコモに移ってこのGALAXY S4を契約すると10万円前後の発売されて間もない最新機種がタダで手に入るだけで無く2万5千円のJCBギフト券が貰えました(このギフト券でポータブルカーナビを購入したので良く覚えています)。

今から考えるとちょっとあり得ない乱痴気騒ぎでしたね。

勿論その後、お上からの行き過ぎた過当競争に対するストップがかかり色々な紆余曲折を経て今日に至るのですが実は私、現在のiPhone11Pro Maxに至るまでスマートフォンを一度でもフォン(電話機)として使用したことがありません。電話は全てガラケーで行っています。NTTドコモの頃は通話機能さえスマートフォンから外し月々の通信料金を低く抑えていました(電話はNTTの転送電話サービスを契約してガラケーに転送していました)。

私にとってスマホは完全に携帯情報端末の位置付けで持ち運びや携帯が楽なパソコンそのものです。なのでインターネットを利用した情報端末としてみれば今でもサムスンのGALAXY S4を使っていても何ら不便は無いのですが変化は訪れるものです。実は私、当時はアンチiPhone派でした。世界を見渡せばAndroid端末が主流で携帯市場でiPhoneがトップシェアなのは日本だけです。iPhoneの本社、Appleがあるアメリカでさえ当時は僅差でAndroid端末の方が売れていた筈です。

「日本人はiPhoneを過大評価していてわざわざ高い端末を購入している。もっと性能の良い国産メーカーが作ったAndroid端末を購入するべきだ!」と

しかしそんなAndroid信仰を続けていた私についに黒船が来ます。『ポケモンGO』です。ポケモンGOはiPhoneでもAndroid端末でも楽しめます。私も1年間はAndroid端末のGALAXY S4で楽しんでいました。しかしどうも快適な環境でゲームをしていないことが徐々に分かって来ました。

画面がカクカクする、突然ゲームがフリーズしたり、シャットダウンする、Bluetoothが不安定でブチブチ切れる、発熱が多くて熱暴走する、立ち上がりに1分以上の時間が掛かる、目に見えるスピードでバッテリーが減って行く。しかし同じような声は回りから聞こえて来ましたしこんなものだと諦めていました、しかし不具合の声が聞こえてくるのはAndroid端末を使っている者ばかりで最新のiPhoneやiPadを使っている者からは余り聞かれてません。どうやらポケモンGOとiPhoneの相性が良いのは間違いなさそうでした。

そして2017年、iPhone8とiPhone X(エックスあるいはテンと呼ぶ)が発売されて2ヶ月ほどたった頃、昔程では無いにせよMNPの乗り換えメリットが有るかもしれないと一度は離れたauショップに恐る恐るiPhoneを見に行きました。新型iPhoneが発売されるたびに毎年繰り返されるお祭り騒ぎのテレビニュースを何時も冷やかな目で見ていた私としては何とも気恥ずかしい想いでしたがauショップのお姉さんはそんな私の事情もお構い無しに説明を続けます。

私としては最後の意地とあがきです。今のスマホの維持費よりも1円でもiPhoneの所持と維持費が高くなるようならサッと踵を返し「また良く考えてみます」と店から出て行くつもりでした。案の定、iPhoneの端末価格はほぼ同じスペックのAndroid端末と比較してかなり割高です。「コリャ無いな」と思っていたらauのお姉さんはiPhoneの残価設定ローンを勧めて来ました。

これはiPhoneの本体価格を4年間、48回分割で支払いその金額を月々の支払い通話料金に上乗せすると言うものです。そして2年間払い終えると今使っているiPhoneを下取りに出して新型のiPhoneを半額で購入するかそのまま残り2年のローンを払い続けて古いiPhoneを使い続け最後には自分の物にするか選択出来ると言うものです。iPhoneは中古でも高く売れるので最新のiPhoneが欲しいお客と契約者を囲い込みたく、かつリスクの少ない通信キャリア双方が損をしない良く出来た仕組みです。

見積もりを見たら今のスマホに掛けている通信費より2,000円程度安くなっていました。

結果、auショップの敷地内から一歩も出ることが無いまま、その場で契約して在庫があった希望のiPhone8plusをその日のうちに持って帰りました。その後、auと提携しているケーブルテレビ会社とのケーブル電話に加入するからことで1万円分の商品券を貰いました(ケーブルテレビの会社はもう何十年も実際利用している会社だったので工事費や設置機器は無料でケーブル電話も通話料はNTTよりも安くランニングコストも下がりました)。

実際に最新のiPhoneでポケモンGOをプレイしてみるとこれが同じゲームかと言うくらい超快適になってしまいました、前出のポケモンGOをプレイするにあたって感じていた不具合や不満点が皆無か極小になってしまいました。お節介にもポケモンGOでプレイ中に突然の不具合でゲーム中断を余儀なくされているポケ活仲間のスマホがAndroid機種だったらiPhoneを勧めるまでになってしまいました。

 

※Android搭載スマホの全てがポケモンGOで快適に遊べない訳ではありません。あくまで個人で知る範囲での話です。

 

今回、iPhoneに乗り換えるに当たって無くしたものはAndroid信仰とiPhoneに対する偏見だけでした。

ずいぶんとお耳汚しが長くなってしまいましたがここからが本題で私がお伝えしたいことです。

 

知恵とは

物事の筋道がわかり、うまく処理していける能力のことです。

 

知識とは

ある事柄について色々と知ること。その知り得た内容。

と定義されています。今回、お話ししたことは私の中では私の知恵です。勿論、私の知恵を感心してくれたりその逆にそんなこと私も知っているし、そんな稚拙なことを知恵などと言うのはレベルが低いと仰る方も居ることでしょう。しかし一つだけ真理を述べさせて下さい。

「知恵と言うものは絶対に他人に伝えることは出来ません!」

知恵は誰かに伝えようとした瞬間に単なる知識になってしまうのです。なので私が長文で書かせて頂いた文章は今これを読んだ方にとっては単なる知識です。しかし必要に迫られてこの知識を自分の中に受け入れた瞬間に今度は知識がその人だけの知恵に変わるのです。知恵は知識の海の中から生まれますが知識が多ければ簡単に知恵が生まれるという訳では有りません。世の中には知識が少なくても素晴らしい知恵を生み出す能力に長けた人も数多く居ます。

逆に本来、知恵を生み出す海たり得る知識も今現在の情報過多の時代では上手く知恵を生み出せなくなる要因になってしまうのかも知れません。

《契山舘》の会員は《水波霊魂学》や《神伝の法》が神霊や高貴な霊魂方から、もたらされた究極の知恵であると疑うことなく生活しています。誰もがその素晴らしい知恵を自らの知恵にして貰えればと日々、苦心して世の中の人々に伝えようと必死になって活動しています。しかし知恵は知識としてでしか表現出来ません。なんとしてもこの知識を知恵に転嫁して自分のモノにして欲しいのです。

私の好きな言葉に「見たモノと食ったモノは自分のモノ」と言う言葉があります。《水波霊魂学》と《神伝の法》を自分のモノにして下さい。救いはそこにあります。

知恵という言葉に画数の多い方の同じ読み方の智慧があります。こちらの智慧は仏教では『真理をハッキリと知らせ迷いを破る』と言う意味があるそうです。生きていく上で智慧は必ず必要です。

終わり

byゆたんぽ

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

 

5 thoughts on “知恵(慧)と知識

  1. 私の場合、「スマホはオヤジには必要ない」と頑なに思っていました。若い人に勧められても「俺には必要ない!」と一蹴していましたが、訳あって必要に迫られ使用してみたところ、今では手放せません。私にとっては知識の宝庫です。ところが、その知識を覚えても覚えても忘れて行くんですけどね(^^;)

    個人的見解ですが、本当の意味での知恵を得るには、水波霊魂学で言う幽体や霊体の成長が必要不可欠なのかもしれません。

  2. iPhoneのゲームは動きがしっかりしていますよね!
    僕もAndroid派だったんですけど、iPhoneの方が動きが良いって言われて、iPhoneに(笑)
    iPhoneの方が全体的にアプリの一つ一つがしっかりしている感じですよね(*´艸`*)

    でも、僕はまたAndroidに変えたいです^^;
    なんか、カーソルが移動し辛かったり、予測変換が気に入らなかったり、アドレスをいちいち探さないといけなかったり、細かい所が気に入らなくて^^;

  3. 『真理をハッキリと知らせ迷いを破る』…正に水波霊魂学のことですね。

    そんな水波霊魂学のホームページがスマホで誰でも見られる時代なのだから、是非チェックされてください!
    私はAndroid派です(^o^)/

  4. 私は4年ほど前から、スマートフォンを使っているのですが、いまだに操作に不馴れで、短いメールの作成がやっとです。

    そのため、ブログの投稿文を含め、以前はパソコンでないと作成出来なかったのですが、現在は、アマゾンのFireというタブレットをメインに使っています。

    スマートフォンに比べて、本体の価格がかなり安価で、文字入力も簡単で、画面が大きいのでkindle版の電子書籍も読みやすいです。

    ただし、Wi-Fiの環境がないと、このタブレットのみでは、インターネットに繋がらないので、オフラインでの使用しか出来ません。

    公共のWi-Fiは、セキュリティーに不安があるので、私は、外出先では、スマートフォンのテザリング機能というのを使って、このタブレットをインターネットに接続させて使用しています。

    ゆたんぽさんが、「知恵は他人に伝えることは出来ず、相手にとって知識になってしまう」といったような内容を述べておられますが、全くその通りだと思います。

    私は、仕事の分野で、指導者を務めることが多いのですが、私の長年の経験により蓄積された知恵に当たることを、どんなに丁寧にお伝えしても、相手の方にとっては、表面的な知識にしかならないようで、全く使いこなすことが出来ません。

    知識は、この世を生きる人間としては必要で、なくては困る知識もあるでしょうが、知識を頭で知っているだけでは、結局、何も分かっていないのと同じで、その結果、肝心なことは何も出来ない、などということにもなりかねないと思います。

    やはり、頭で考えるだけではなく、真摯に向き合い、試行錯誤を重ねながらも、実行していって経験を積む中で培われるもの、それが知恵なのかもしれません。

    《水波霊魂学》や《神伝の法》にしても、いくら知識を得て、肉体の脳で判断しようとしても、正しい判断が出来るはずがありません。

    どこかで「正しいかもしれない、本物かもしれない」と思ったり、何か惹かれる部分があったとしたら、ぜひ、行動を起こして頂きたいと思います。

    まずは、《支部集会》の見学はいかがでしょうか?

    そして、出来れば、《神伝の法》などの《霊的トレーニング》をお始め頂きたいと思います。

    判断は、その後でも遅くないでしょう。

  5. 私はスマホデビューは早い方だったのですが、視力が弱いせいか諸々パソコンに依存してる派です。(^-^; 
    智慧っていう言葉は素敵ですね。国語が苦手なので(外国語はもっと苦手ですが…)、単語の使い方には気を付けたいです!

コメントを残す