16歳の環境活動家

16歳の環境活動家の、国連での演説をニュースで見ました。

地球温暖化に警笛を鳴らした、とのことです。

それについてネットで見ますと、いろいろ賛否があるようです。

 

私達、契山館も霊的環境の悪化について長年警笛をならしてきましたが、

発信力の弱さのせいか、世の中には取り上げてもらえません。

 

地球温暖化については、検索すればいろいろ出てきます

 

霊的環境の悪化は目に見えませんし、科学で証明することも出来ません。

しかし、確実に霊的側面から人間を蝕んで行き、その結果は死後自分で

受け入れるしかありません。

 

その現実を知るには、水波一郎師の書籍しかありません。

 

どうか世の中の人が一人でもその現実に気付き、対策を練って欲しいと願ってやみません。

byガンリキ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

4 thoughts on “16歳の環境活動家

  1. 地球温暖化の問題については環境保護団体とマス・メディアの努力によって世論は一定の方向に傾きつつあるようですが色々、裏があるようです。

    やはり最後は自分の頭で考え自分の責任において自らの進むべき道を決めた方が良いようです。
    霊的環境も悪化の一途を辿っていると我々は主張しますが最後の最後はやはり自らの意思で何を信じてどう行動するかを決めてもらう必要があります。
    我々は環境保護団体やマスコミのように強力なバッグボーンがある訳ではありませんが正しい主張をしていると言う信念があります。

    刮目して下さいとしか言えません。

  2. 死後の世界を信じていない人は、どうにもならないですけど、
    信じている方は、必ず行く世界なので、せめて法則を知っておいて欲しいです!(´・人・`)

  3. 私達がなぜこのように日頃ブログで申し上げているのかといいますと、霊的トレーニングを行うことで、会員それぞれに霊的な法則が存在することを実感しているからです。
    私の場合は、自分の幽体が成長していくこと、自分の内側が良い方向に変わっていくこと、本当に様々な実感があり、あの世のことは勿論、今を生きていることの大切さをも霊的トレーニングに深く教えていただいた心持ちでおります。どんなに自分が情けなくても、生きていこうと思わせていただきました。
    私達は幸いにもこれまで霊的トレーニングを行ってこれた経験上、何度でも申し上げます。人間には肉体とともに幽体が存在します。環境問題は勿論大きな問題ですが、幽体の状態を整えておくことはそれ以上に大切です。死後、ずっとずっと永遠に思える時間を苦しむ不幸が待っているかもしれないからです。
    一人でも多くの方がお気づきになられますよう、心より祈っております。

  4. 地球温暖化と霊的環境の悪化との間に、どのような因果関係があるのかは、私には分かりません。

    しかし、全ての根底にあるのは、《幽体》を鍛えている方が少ないので、意識の中の高級な部分が目覚めている方が少ない、という問題があるのでは?と個人的には思うことがあります。

    そうだとすれば、霊的環境の悪化も地球温暖化も、本質的な問題は同じなのかもしれません。

    皆が《信仰心》を持ち、《神霊》のお役に立ちたい、という思いで生きることが、当たり前の時代になれば、霊的環境の悪化も地球温暖化も、解決・解消することが出来ると思います。

    いや、それ以外に、根本的に解決することなど不可能だろうと思っています。

    全ては、霊的生命体であるという本質を忘れ、優先させてはいけないことを、優先させ過ぎてきた結果なのでしょうが、それらの多くは、肉体に宿って、物質界を生きることになった以上、やむを得なかったのかもしれません。

    しかし、今の私達には、《神伝の法》があります。
    今の時代だからこそ、《神霊》が与えて下さった《神伝の法》があります。

    まず、一人でも多くの方に《神伝の法》の《霊的トレーニング法》を習得し、実習して頂くしかありません。

    《神伝の法》こそ、私達に残された、唯一の希望なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。