オーラ

近年、「オーラ」という用語が、広く知られるようになったと思います。

一般的に、「オーラがある、ない」とか「オーラが大きい、小さい」と言ったり、「オーラが赤色、青色」などのように、色が話題になることも多いようです。

実際のところは、すなわち、肉体を持たない《霊魂》の方々は、「オーラ」について、どのように述べておられるのでしょうか?

「オーラ」は霊的身体から出ている光のようなものです。

肉体と重なっていて、肉体の死後に入る《幽質界》で使用する《幽体》から出るのが《幽体オーラ》、より高級な《霊体》から出るのが《霊体オーラ》です。

本稿では、この世で生きている私達にとって、関連性の深い《幽体オーラ》について、述べさせて頂きます。

大切なことは、《幽体オーラ》の光の強さは、《幽体》の状態、すなわち、健全の度合い、活力、成長の度合いによるということです。

《幽体》が健全で、活力があり、成長しているほど、《幽体オーラ》の光は強く出るわけです。

逆に、《幽体》が不健全で、活力がなく、未成長だと、《幽体オーラ》の光は弱くて暗くなってしまうのです。

一般に、この《幽体オーラ》が強く光輝いている状態を、「オーラがある」とか「オーラが大きい」などと言い《幽体オーラ》が弱くて暗い状態を「オーラがない」とか「オーラが小さい」などと言うのではないかと思います。

ただし、《幽体オーラ》は物質ではありませんので、肉眼では見えませんし、物質界の機械で写すことも出来ません。

また、物質界の色に該当する区別もないそうです。

では、《幽体》を健全で活力があり、成長した状態にして、《幽体オーラ》を光輝かすには、どうすれば良いのでしょうか?

そのためには、《幽体》にとっての栄養素に当たる《高級な幽気》を吸収する機会を持つ必要があります。

《高級な幽気》は、肉体の健康維持に欠かせない、栄養豊富な食物のようなものです。

必要な食物を摂取出来ず、肉体が栄養失調になれば、肉体は健康と活力を維持することが出来ません。

それと同じように、《幽体》が《高級な幽気》を吸収出来なければ、《幽体》が栄養失調となり、不健全で活力を失い、その結果、《幽体オーラ》は弱く暗いものとなってしまうのです。

それでは、その《高級な幽気》を吸収するには、どうすれば良いのでしょうか?

そのためには、《高級な幽気》が存在している空間へ出向くか、私達の存在している空間に、《高級な幽気》を降ろして頂く必要があります。

《高級な幽気》は、《幽質界》でも上の世界におられる《高級な霊魂》の方々がお持ちなのです。

《高級な霊魂》の方々がおられる空間には、《高級な幽気》が満ちています。

昔は、人々が素朴な信仰心を持って生きていましたので、神社などの境内には、神様のお使いのような《高級な霊魂》の方々がおられたそうです。ですから、そこを参拝すれば、《高級な幽気》を吸収することが出来たのです。

しかし現代では、神社などにも《高級な霊魂》の方々がおられないそうで、参拝しても《高級な幽気》を吸収することは出来なくなってしまったのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

何と、奇跡的に、《契山館》には、《高級な霊魂》の方々にお越し頂き、そのお持ちの《高級な幽気》を吸収させて頂くための、特別な技法があるのです。

それが《支部集会・分会集会》であり、《神伝の法》などの《研修会》であり、日々、専門の《指導霊》の方々の、ご指導の下に行う「霊的トレーニング」なのです。

よく、善行や愛行を行じたり、心の波長が高まって、人格が向上すると「オーラ」が強く(大きく)なる、などと言われますが、《高級な霊魂》の方々によれば、それは正しくないそうです。

善行、愛行を行い、人格を高めることは、この世の人間としては、立派で尊いことでしょう。決して、それを否定しているわけではありません。

しかし、善行、愛行を行っても、心の波長が高まっても、人格が高まっても、それらは全て肉体の脳内のことで、それらによって、次元の異なる霊的身体である、《幽体》の健康や活力の状態が改善し、《幽体オーラ》の光が強まる、ということはないのです。

それでは、そもそも、なぜ、《幽体オーラ》の光を強める必要があるのでしょうか?

それは、この世においても、死後の《幽質界》においても、真の意味で幸せに生きるために、欠かすことが出来ない、最重要なことだからなのです。

《幽体》は、その《幽体オーラ》の光の強さが、近い存在同士でないと、お互いに相手を視認(幽体の視力による)することさえ出来ないそうです。

見えない相手とは、意思を疎通させることも、影響を与え合うことも困難です。

また、《幽体オーラ》の強さが違う《霊魂》とは、同じ空間に存在することも出来ません。《幽体》の性質が合わないのです(この世の人間は、肉体が重なっているので特殊で、《幽体オーラ》の強さが違っている存在とも、同じ空間に存在することが出来ます)。

私達を、《守護霊》や《指導霊》という《高級な霊魂》が担当されていて、私達が霊的に進歩・向上することが出来るように援助しておられます。

しかし、《幽体》が成長した《高級な霊魂》である《守護霊・指導霊》は、とても強い《幽体オーラ》を放っておられます。

ですから、私達の《幽体オーラ》が弱くて暗いと、私達の《幽体》は、《守護霊・指導霊》の視界に入ることさえ出来なくなり、その援助が受けられなくなるのです。

それどころか、同じように《幽体オーラ》が弱くて暗い、不道徳な霊魂(悪霊の一種)の視界に入りやすくなってしまい、悪戯をされるなど、その干渉を受ける危険が高まってしまいます。

その結果、病気や事故を含む、様々なトラブルによって、予期せぬ不幸に見舞われ、翻弄されることになりかねません。

そして、肉体の死後、《幽質界》においては、もっと大変です。

《幽質界》は、《幽体》の性質、言い換えれば、《幽体オーラ》の光の強さの程度による、階層世界になっているからです。

《幽体オーラ》が強く出ていれば、同じように《幽体オーラ》が輝いている《霊魂》が集まる《上層の幽質界》へと入って、幸せな人生を送ることが出来ます。

しかし、《幽体オーラ》が弱くて暗いと、同じような《霊魂》が集まる《下層の幽質界》へと落ちてしまいます。

そこは、本物の地獄と呼ばれる世界ほど、下の世界ではないそうですが、恐怖と苦痛に満ちた、地獄のような苦しみが続く世界なのだそうです。

しかも、《幽質界》には死がありませんから、その苦痛には終わりがなく、そこから抜け出すのは、至難の技なのだそうです。

間違っても、そのような事態にならないように、皆様にも、ぜひ、《幽体オーラ》を強く輝かせるための技法、《神伝の法》の《霊的トレーニング》を習得し、日々、実習して頂きたいと願っております。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

4 thoughts on “オーラ

  1. 一般的には、その人の放つ雰囲気をオーラと言っているようなところもあると思えます。

    記事にありますように、本当の意味でのオーラは、指導的な霊魂からの目印になります。
    指導的な霊魂から見えなければ、真の幸福は得られません。

    オーラを強く放つようになれる方法は「神伝の法」をお薦めします。

  2. 世間で言われているオーラと、霊魂学で言うオーラは全然違うと思います。
    本当のオーラが出るようになるには、幽体を成長させるしかないと思います。

  3. 今でも、オーラの色を撮影するって、アプリとかもあるみたいですね。(^-^;
    私も霊魂学を知るまでは信じていましたが、もう卒業しました。

コメントを残す