「おじいさんのご褒美-むかしむかしの霊的なお話1-」を再読して

アマゾンにおいて、先行発売されていたkindle版(電子書籍)に続いて、ペーパーバック版(紙の書籍)が発売されたのを機に、「おじいさんのご褒美-むかしむかしの霊的なお話1-」を、再読させて頂きました。

もちろん、ペーパーバック版kindle版も、物語の内容は同じですが、ペーパーバック版では、一部の挿絵のみがカラーになっていて、その他の挿絵はモノクロになっていますので、全ての挿絵をカラーでご覧になりたい方は、kindle版を、スマートフォンやパソコンなどの、カラー表示対応端末で、お読み頂くと良いと思います。

さて、本書は、数百年以上昔の時代の物語なのでしょうが、私達の抱えている物質界での問題の多くは、昔も今も全く変わらないようです。

様々な思惑や策略・謀略が交錯し、時には権謀術数を駆使してまで、己の欲望を実現しようとさえするのが、世の常なのかもしれません。

それも、物質界が食べなければ生きられない世界であるが故に、利己的な自己保存欲から逃れることが出来ないからなのでしょう。

結局、数百年経っても、物質界の人類は、進歩することが出来なかったようです。いや、それどころか、人間として、いちばん大切な《信仰心》を失ってきた分だけ、退歩してしまったのかもしれません。

この物語の中には、様々な人物が登場していますが、少なくとも、神様を否定したり、バカにするような人物は一人も登場しません。

そのような時代に、もし、神様を否定するような人物が居れば、人々の信頼を失い、白眼視されたであろうことは、疑いようがありません。

ところが現代では、真面目に《神》や《霊魂》、《信仰》などについて語ると、白い目で見られてしまうのです。

何と情けないことでしょうか。

もういい加減に、それが、いかに異常な状況なのか、気付かなければならない時期が迫っているのではないでしょうか?

この物語の中には、「神様のお役に立ちたい」との思いが強いお爺さんが、川で洗濯をした時に、正式な作法を知らないにも関わらず、接近した《指導霊》から、高級な《幽気》を与えられる、といったような内容が述べられています。

現代は、この物語の時代とは、比べ物にならないほど、霊的な環境が悪化しているので、この頃のように《指導霊》の方は、簡単には近付けないかもしれません。

でも、そのような困難な時代だからこそ、私達には《神霊》から、《水波一郎先生》を通して降ろされた《神伝の法》、すなわち、《神伝禊法》と《神伝鎮魂法》があります。

これらの《霊的トレーニング》を、正式な作法通りに行えば、私達は、物語中のお爺さん以上に、確実に《高級な幽気》を流して頂くことが可能で、その《幽気》を《幽体》に吸収させて頂くことが出来るのです。

お爺さんの時代には、《神伝禊法》は降ろされていませんでした。

でも、お爺さんの「神様のお役に立ちたい」という《信仰心》が、《高級な霊魂》の方の目に留まり、《禊》の《指導霊》にお越し頂き、《禊》が成功するきっかけになりました。

私は、《神伝の法》がある現代でも、この「神様のお役に立ちたい」という素朴で純粋な《信仰心》が重要であることに、全く変わりはないと思います。

私達、現代人は、このお爺さんに学ぶべきことが多いと思うのです。

もしかしたら、このお爺さんだった方も、今は《禊の指導霊》のお一人として、若々しく活動しておられるのかもしれませんね。

物質界で霊的な生き方をして、《高級な幽気》を吸収させて頂いても、物質のご褒美が得られるかどうかは分かりません。

でも、《禊》によって与えられるご褒美こそが、真の意味で、物質界での残りの人生を輝かせ、更には、死後の《幽質界》での《霊魂》としての人生を輝かせることでしょう。

どうか本書、『おじいさんのご褒美-むかしむかしの霊的なお話1-』お読み頂き、《神伝禊法》の《霊的トレーニング》をお始めになる、きっかけとして頂きたいと、願っております。

《神伝禊法》の研修会の詳細につきましては、《群馬支部》など、お近くの支部・分会に、お問い合わせ下さい。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

3 thoughts on “「おじいさんのご褒美-むかしむかしの霊的なお話1-」を再読して

  1. 今も昔もこの世は色々ありますが、何よりも大切な事は素朴な信仰心と、上の世界の幽気を吸収すること、単純な事なんだと思います。

    難しいことが分からないお爺さんとお婆さんに、現代の人も見習って欲しいです。

  2. 素朴な信仰の時代って羨ましいですよね~( ̄¬ ̄)
    ぜひ、素朴な信仰の時代のお話を読んでみて下さい!(*´艸`*)

  3. 残念ながら私は、このお話に出てくるまっすぐな信仰心を持つおじいさんよりも、どちらかというと欲深なおばあさんの方にシンパシーを感じてしまいます。
    最初からおじいさんのような信仰心を持てていたら、どれだけ幸せだろうと羨ましく感じるのですが・・・しかしこんなに醜い私にまでも、霊的トレーニングは道を示してくださいました。
    行っておりますと幽体に力がついていくのが分かります。守護、指導霊がいらっしゃるのをはっきり感じます。 真面目にさえ行えば、誰にでも少しずつ霊的な事柄が理解できるように、霊的トレーニングは組み立てられています。本当に凄い技法です。こんな道が用意されている現代は、本当に恵まれている時代なのだと心から思います。
    人間にとって本当の幸せとは何か?気づくためにとても大切なお話です。多くの方にお読みいただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。