動画「死んだ後、下の世界に入った人の話」

契山館広報部チャンネルより

ある男性の死後について紹介された動画です。

普通の人に比べて、利他的で尊敬されていた方でしたが、死後は苦労されたそうです。

日本人の中には、外国人から宗教を聞かれると、無宗教だと胸を張る人もいるそうです。ですが、それを気味が悪いと感じる外国人も多いと聞きます。

この動画を見ると、そんな日本人が外国に行くと、どう見られているのかがよく分かります。

信仰心を忘れた現代人の死後とは…、ぜひご覧ください。

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

4 thoughts on “動画「死んだ後、下の世界に入った人の話」

  1. 臨死体験などの、死後の世界へ行く手前の話ではなく、実際に下の世界に行ってしまった人の話です。地上に生きていた頃は、皆に尊敬されるほどの立派な人が、理不尽にも死後、下の世界に行ってしまったそうです。それはやはり幽体に原因がありました。私達は、どうしても生きているうちに、幽体を知り、死後、不幸な世界へ行かないように、どうすれば良いのか学ぶ必要があると思います。そうすれば、今、の生き方も変わるのではないでしょうか。

  2. 死後の世界は法則によって行ける世界が決まりますからね~。
    死後の世界の法則だけでも知って欲しいです(`・ω・´)

  3. 私が知っているのはヨーロッパですけど、確かに信仰している宗教に関しては、何度も聞かれたことがあります。

    きっと、東洋人の私が何教の信者なのかが気になったのでしょう。

    当時の私は、仏教系の新興宗教に所属していたので、「仏教徒だ」と答えると、納得してくれて、例えばキリスト教を勧めてくる、等ということはありませんでした。

    そのような時に、もし私が、「無宗教だ」と答えていたら、私に対する信頼度が低下したと思います。

    なぜならば、人前で堂々と、「無宗教である」とか、「無神論である」などと公言できる人物は、変わった人、危険な人、要注意人物・・・すなわち人間としてちょっと・・・と言ったような雰囲気があったからです。

    もちろん、彼らがどこまで真剣に信仰していたのかは分かりません。多分に、その信仰心は形式的なものであったかもしれません。

    しかし、日本人では、人前で「無宗教」だと胸を張って言えるのが当たり前である、との風潮が蔓延しているのだとすれば、本来、霊的生命体である人間としては、あまりにも大きな問題だと思います。

    その結果、待ち受けているのが、この動画のような世界なのであれば、悲しすぎます。

  4. 日本では「信仰している」と言うと、変な目で見られかねないですねえ。
    神道や仏教は信仰というより、馴染み過ぎて習慣の様になってる印象ですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。