マスク欠品

ここ一週間ほどでしょうか。
コロナウイルスの影響で私の近所の薬局やドラックストアはどこもマスクや消毒薬が欠品しています。

マスク製造業の方は24時間フル作業で増産されているとのことですが、花粉症の方や医療関係者の方はさぞやお困りなのではないかと思います。

状況が収束する日が早く来ればいいのですが…。

ところで仮に、の話ですが、

正体不明のウイルスの病が流行している時に、
もし「マスクや薬に頼るほど、私は弱くない」なんて豪語している人がいたら、
皆さま、どう思われるでしょう。

ほとんどの方が違和感をお感じになるのではないでしょうか。

病に対し強い気持ちでいれば、多少免疫力が上がるかもしれませんが、
ウイルスの感染力が肉体の力を上回れば、あっという間に病気になってしまうでしょうし、対処せずにいれば、死んでしまう場合だってありえますし、

気持ちの問題でなく、正しく予防策をとることが大切ですよね。

もしそんな事を言っている人がいれば、
常識的におかしい と判断されてしまうことでしょう。

 

ところが、霊的な事柄においては、世の中のほとんどの方が、気づかぬうちに、
同じような違和感ある発言をしているように思うのです。

たとえば・・・

「私は宗教に頼るほど、弱くない!」 とか

 

このセリフには違和感を感じないという方、どうかこちらの動画をご覧ください。

 

私達人間は、《幽体》という身体を肉体とともに重ね合わせている霊的生命体です。

 

そんな私達にとって、宗教を嫌うということは、 霊的に高級な存在との接点を無くし、霊的な栄養にあたる《幽気》を吸収できなくなることを意味していたのです。

 

宗教嫌悪ウイルスは、今、地球上の全ての地域の人々に伝染してしまいました。

死後もずっと影響が続いてしまう大変やっかいな病原菌です。

どうか生きているうちに対処方法を知ってください。

by ゆず

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

4 thoughts on “マスク欠品

  1. 自分は永遠に死なない!って思い込んでいる人は、もう仕方がないですけど、
    いずれ自分も死んでしまうと分かっている人は、死後の事も少しは考えて欲しいです。
    死後の世界には、死後の世界の法則がありますので、法則だけでも知って頂きたいです。

  2. のんびり構えていたら、私の近所もマスク欠品です。知り合いが働いている店では、中国人の方が10万円分買っていったそうです。翌日にも8万円分買っていったそうです。国に送るとのことだそうです。日本人の方が、「一つ分けて下さい」と言ったら、さすがに分けてくれたそうです。

    仮に、水波霊魂学で言う「幽気」が目に見えれば、現代の霊的状況の悪さを分かって頂けるのでしょうか・・・

    「宗教嫌悪ウイルス」本当に深刻な問題です。

  3. 肉体の健康維持は大切なことですが、どんなに大切にしても肉体は100年程度しか持ちません。

    でも、肉体と重なっている《幽体》の方は、肉体の死後も、霊的世界で何百年も何千年も、いつ終わるとも知れずに、続いていくと考えられます。

    ですから、《幽体》の健康維持は、肉体の健康維持と同じか、むしろそれ以上に重要だということになります。

    どうか《幽体》の健康維持にも、意識を向けて下さい。

    《神伝の法》の《霊的トレーニング》は、肉体に対するマスクより、はるかに確実に《幽体》の健康を守ります。《神伝の法》により、《幽体》の不調を改善し、健全化させ、成長させることが可能になるのです。

    健全な《幽体》で肉体の死を迎えるのと、不健全なままの《幽体》で死を迎えてしまうのとでは、死後の霊的世界での境遇に、天と地ほどの違いがあるそうです。

    《幽体》が健全なら、この世と比較すれば、天国にも思えるほどの素晴らしい世界へ入れるそうですが、《幽体》が不健全だと、この世のどんな苦しみとも比較にならないほどの、まるで地獄のような塗炭の苦しみが続く世界へと入ってしまうそうです。

    どうか、肉体の健康維持について考えさせられる機会が多いこの時期を、《幽体》の健康についても考えるきっかけとして頂きたいと思います。

  4. マスクの欠品、続いていますね。花粉シーズンを手元のマスクで乗り切れるか心配です…。^_^;

    ウイルスも怖いですが、霊的な環境悪化はもっともっと深刻ですよね。

    ゆずさんがおっしゃるように、宗教嫌悪は大問題です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。