白菜のつぼみ

連日新型コロナウイルスの話題ばかりがニュースに流れているものですから、そちらに気を取られて、春を迎えていることを忘れてしまいそうです。

実際、家庭菜園の収穫を一つ忘れてしまっていました。

まだ畑に野菜類が育っていない今時期、春一番に畑からとってくるものといえば、先日ガンリキさんが紹介されていた「ふきのとう」、そして、アブラナ科の野菜のつぼみです。(写真は白菜のつぼみです。)

前年収穫しきれずに畑に残した白菜があると、種を作るために花芽が伸びてくるのですが、これをパキッと掻き取って料理に使います。

これから種を作ろうとしている花芽なので、エネルギーに満ちあふれていて、
いただくと甘くてなかなか美味しいです。

そして、こちら↑ 私が春を忘れているうちに収穫適期を逃し、咲いてしまった白菜の菜の花です。(アブラナ科の花はみんな菜の花扱いです。)

こんなに花が開いてしまったら、いつもは菜の花として楽しむだけだったのですが、
今回筋とりしてゆでてみました。

日本のエディブルフラワーですね。
筋とりすれば大丈夫でした♪

4 thoughts on “白菜のつぼみ

  1. 群馬県でもとうとうコロナウイルスの感染者が出てしまいました。

    物理的にも霊的にも、この状況を冷静に見るには、一息入れるのも大切ではないでしょうか?

    春を味わうのも良いですね。

  2. 白菜からも菜の花ができるとは!はじめて知りました~。

    生きているものの命を頂いているという感覚、スーパーで買った野菜ばかり食べいると忘れてしまいます…。

    季節は確実に春に近付いているのですね。

  3. 人類にとっての一番大切な種はすでに存在するのに
    誰も求めぬから、春は訪れないのかもしれませんね。。。。

    命の芽吹きは、神伝の法にあり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。