3・11

9年前の311日は東日本大震災でした。

時が経つのは早いものです。

津波の映像は、今見ても胸が締め付けられます。

 

現代の日本は、いつどこで災害があるか分かりませんので、このような日がきっかけで、防災について改めて考え直す人も多いのではないでしょうか。

 

通学、通勤先の経路の確認や、避難所の確認、防災用品の準備や家族との連絡方法

 色々備えておけば、いざというときに役に立ちます。

 

世の中は今、新型コロナウイルスで大変ですが、人の死はいつどこで訪れるか分かりません。

だとすれば、やはり死後のことも知っておいた方が良いと思います。

 

死後の世界が存在しなければ、災害や病気などの備えだけで良いかもしれませんが、

もしも死後の世界が存在していれば、知っておかなければいけない知識がたくさんあるはずです。

 

「備えあれば憂い無し」は、

この世のことだけではありません。

 

あの世に逝ってからでは遅いかもしれません。

生きているうちに備えて下さい。

 

この書籍をお奨めします。

 

Byガンリキ

 

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆  メールフォーム 

 

 

 

4 thoughts on “3・11

  1. ほんとうに時が経つのは早いものですね。
    10年くらいという期間は、年齢にもよりますが、
    人生が大きく変わることも多いでしょう。

    さて、

    今が良ければそれで良い
    それが社会やふつうの人の一般常識であるようですが、

    いつ何が起きるか分からない人生で
    真の備えをしないことは、いずれ後悔することになるようですね

    どう生きても自由だからこそ、
    ふと人生を省みて、明日を知るべきなのかもしれません。

  2. 本当に9年は早いですね。
    その後も、様々な災害が続きました。
    そして今も・・・。

    本当に私達は、いつ肉体の死を迎えるか分からないのが現実です。
    私達は、その現実から目をそむけてはいけない、と私は思います。

    そして、この世の人生より、はるかに長い時間を、私達は霊的な世界で生きることになります。

    ぜひ《契山館》で、霊的世界のことを、知って頂きたいと願っております。

  3. 3.11以後も、様々な災害が日本各地を襲い、多くの方が亡くなれました。
    身近な方を突然亡くされた方のお苦しみは、どんなに時が経っても大きな衝撃を与え続けていると思います。
    自分と大事な人を守るために、多くの方が災害に対し、対策を立ててらっしゃると思いますが、今度は日本だけでなく、世界的なパンデミックの驚異に向き合わなくてはならなくて、ますます生きづらい世の中になってしまいましたね・・・。
    更に死後となると目に見えない世界なので、何をして良いか普通は分かりません。

    死後については、死後を生きる存在に対策を伺う必要があり、高貴な存在と交流していらっしゃる「霊媒」を通してのみ、事実を知ることができます。

    世の中には「霊媒」という方が何人かいらっしゃると思いますが、どなたが本物であるかは、是非書籍をお読みくださり、ご自分の直感で判断していただければと思います。

  4. もうそんなに経つんですね~。
    衝撃的な災害でしたよ~。
    新型コロナウイルスも災害並みになってきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。