『たましいの救い』を再読して

数年前に紙の書籍(ペーパーバック版)として発売されていた『たましいの救い』の電子書籍版が(kindle版)、先日、発売されました。どちらもアマゾンにおいて、購入可能です。

私達は、今、物質界である「この世」を生きているわけですが、人生において、何の悩みも苦しみもないという方は、ほとんどおられないのではないでしょうか?

そして、様々な苦悩に押し潰されそうになって、救いを求めざるを得ないような事も少なくない、というのが人生の現実かもしれません。

そのような方にとって、本書は人生に転機をもたらすためのきっかけとなる、かけがえのない一冊だと言えるでしょう。まさに、私達人類にとっての必読書だと言えます。

私達が救われるために重要な事は、本書表紙の副題にあります通り、《人は表面の心だけで生きてはいない》ということを理解することだと思います。

そうなれば、《たましいの救い》の《救い》の真の意味が、自ずと明らかになることでしょう。

ぜひ、ご自身で本書をお読み頂き、その意味するところを、ご理解頂きたいと思います。

現代において、真の意味での《救い》が存在するのは、《契山館》のみだと、私達は確信しています。

本書をお読みになれば、その意味するところも、ご理解頂けることでしょう。

byなおいー

♬♪ お近くの支部集会へ、ご見学に来ませんか? ♪♬

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

3 thoughts on “『たましいの救い』を再読して

  1. 人生のアドバイス本は星の数程あれど、こんな凄い書籍は他に絶対ありません!!!
    個人の悩みへの高級霊魂のアドバイスから始まり、段々たましいについての深い内容になり…その全てが私たち人間についてなのです。

    この書籍のスケールの大きさは、私たち人間のたましいがいかに大きいものか、複雑で把握しにくいかを示しているように思えて、読み終わると、しばし呆然としてしまう程です。
    たましいについて知ると、苦しくても落ち込んでいる場合じゃないかもと、日々の悩みも薄れる気が私はしています。
    日々俯いておられる方、必読です!

  2. 人生の悩み苦しみは、聞き心地の良い言葉で自分に言い聞かせても、根本的な解決にはならないのです。辛くても現実を受け入れ、人生の壁を乗り越えて行くために、本当の意味で自分自身にエールを送れる一冊です。ここから霊的な人になって欲しいです。

  3. 人間は肉体だけではなく、幽体もあったり、その幽体には過去世の意識とか記憶もあったり、複雑です。
    そんな複雑な人間を救うための本なので、ぜひ読んで欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。