なおいー写真紀行第89回、国内各地第36回

今回の画像は東京都の西部、あきる野市にある、ある飲食施設の庭園です。JR五日市線(いつかいちせん)の終点、武蔵五日市駅近郊にあります。
位置的には八王子や青梅(おうめ)などの近くです。

東京都と言えば、やはり23区内に代表される都市部がイメージされますが、実は様々な面を持っていて、その一つが奥多摩地域です。

かなり山深い地域で、最高峰は埼玉・山梨両県との境界にある、標高2190メートルの雲取山です。

奥多摩には、冬の最低気温がマイナス10~20℃にもなるような、かなりの寒冷地があります。

また、広大な海域に点在する伊豆諸島・小笠原諸島も東京都に属し、その中には、本土から1700~1800キロも離れた、日本最東端の南鳥島も、北回帰線より南の熱帯にある、日本最南端の沖ノ鳥島をも含むのです。

このように東京都の面積は約2190㎡で、47都道府県の中では45番目に過ぎませんが、マイナス20℃の寒冷地から熱帯の海まで、広範囲にわたる日本一変化に富んだ自治体だと言えるでしょう。

byなおいー

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

なおいー写真紀行第89回、国内各地第36回」への4件のフィードバック

  1. そう言う視点で見ると、東京都って凄いですね!初めて知りました!

    奥多摩は、霊的修行者としては思い出の地です。

  2. 東京も色々あるんですね~( ̄□ ̄;)!!
    大都会!ってイメージしかないですよ(苦笑)

  3. 東京にも、こんなのどかな場所があるんですね~(^-^)

    はやく観光に出かけられるような、日常が戻ってくるといいですね。

  4. 東京は横に広がっていて、特急電車に乗っているとドンドン景色が変わりますね。
    奥多摩にはまだ小さい頃、何度か行っておりますが、都心とはまるで違う風景、山深さと綺麗さが印象に残っています。
    山は勿論、都会も楽しめるのだから良い場所のように思いますが、今は何しろステイホームで、どこにいても落ち着きませんね。
    そんな方は水波霊魂学動画チャンネルで良い時間をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。