この世を生きる上で最も必要なこと

群馬県でなくて地元長野県話ですが、
「さかちゃんのずくなしエブリデイ」という長野県で人気のラジオ番組があります。

地元の話題だったり、他愛ない話だったり、人間関係についてだったり、話題は色々で、作業中のながら聞きに、私もご近所の方もよく聴いています。

群馬県にも、きっと色々な地元ラジオ番組がありますよね(*^^)
東京主体のFM番組も素敵で良いですが、ローカル話満載のAMラジオ番組もホッとして、私は好きです。

先ほど聞いていたら、リスナーからのお便りで、こんなミミズの話をしていました。

ミミズは、何を楽しみに生きているんだろう。
人間にはわからないけれど、実はミミズ達は色々なことで盛り上がっていたり、

イケメンのミミズとそうじゃないミミズの区分があって、日々争っていたりするかもしれない。

人間には分からないけれど、ミミズなりの人生で、喜びや苦しみがあるかもしれない。

そんなお話でした。

あー、水波霊魂学を知っていただけたらな。
このリスナーさんに「ガンバレ、動物霊魂」を読んで頂けたらなぁ・・・なんて思いながら聞きました。

 

私たち人間は、自分たちの主観で、日々自分たちなりの人生を生きています。

中には根っからの悪者もいるでしょうが、ほとんどの方は、なるべく悪いことをしないように、世間様に顔向けできるにと、気をつけて生きていらっしゃると思います。

 

一方で、他人を蹴飛ばしてでも前に出たい、
そんな残忍さも合わせもっている生命体だと、自分の醜さを通して日々感じています。

人間は脳の力で生態系のトップに君臨しているように振る舞っていますが、

霊的に見れば、残忍さを持つ人間は完璧な生命体とはほど遠く、
私達がミミズや微生物にあたるほど、大変高貴な霊的生命体がいらっしゃっても、何の不思議もありません。

 

もしそんな高貴な存在が人間をご覧になられたら、まるでミミズや昆虫のようにのたうちまわり、お互いがお互いに噛みつき合い、大変醜い存在にお感じになられることでしょう。

 

今の地上は、昔では考えられないほどに、霊的には最悪な状況で、

ただこの世を普通に生きて、普通に死んだだけで、
誰しも地獄に落ちてしまう、そんな霊的状況にあるそうです。

 

多少人より優しい行為ができる、私は一日一善を目指してきた、なんて自分の目線で訴えても、

そもそも高級霊魂方が確認できるような「幽体」でなければ、何の意味もないそうです。

 

人間は、肉体とともに幽体という身体を重ねあわせて生きている霊的生命体で、
幽体も身体ですから、その質の良い・悪いがあります。

健康的で活力があり、「幽体オーラ」が発せられているような幽体でないと、大変強い幽体オーラを発しておられる高級霊魂方からは、残念ながら見ることさえできません。

この世は邪悪な幽気にまみれ、高級霊魂方からご覧になると、深い深い闇の中のようにお感じになられるそうです。

ですから、この世を生きる私達にとって、もっとも必要なのは、

しっかり幽体オーラを発して、高級霊魂方が指導しやすい状態であること、

それこそが高級霊魂方にとっての生命体の価値なのだそうです。

 

一日一善を目指すのは人間としてとても大切ですが、

何をおいても、まず、幽体オーラを輝かせる努力が私達には必要なのでした。

 

□私達が繋がるべき高級霊魂「守護霊」については、最新刊を是非ご覧ください。

byゆず

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

この世を生きる上で最も必要なこと」への3件のフィードバック

  1. 地元群馬のラジオは私も良く聞きます。リスナーそれぞれの人生がラジオで繋がって、共感できる投稿で元気をもらっている方も大勢いるようです。

    元気をもらい、明日の糧にすることはとても良いと思うのですが、「霊的な視点があればもっと違う答えが出せるのになぁ」と感じるときも良くあります。

    テレビやラジオにそれを期待できませんが、とにかく、今そこで生きている自分に幽体が肉体と重なっている事実があり、その幽体の状態が、この世の人生、あの世の人生の幸福の鍵を握っていると言うことを知って欲しいですね。

  2. 何気ない話でも、霊的な知識があるのと無いのでは全然違ってくると思います。
    ぜひ、霊的に正しい知識を持って欲しいです。

  3. ミミズのお話のリスナーさん、とても感性が豊かな方なのでしょうね。(^-^)

    相手を自分に置き換えて、気持ちを想像する、というのは心に余裕がないとできません。。。
    そうした感性があれば、守護霊のような高級な存在のお気持ちをも理解しようと、想いを向けられるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。