なおいー写真紀行第91回、国内各地第38回

今回と次回は、東京都中央区にある浜離宮恩賜庭園の画像です。

面積は約25万㎡で、JR線の新橋駅や都営地下鉄の汐留駅等から、徒歩10分前後の東京湾に面した位置にあります。

江戸時代に造成され、徳川将軍家の浜御殿などとして使用されましたが、明治3年に当時の宮内省の管轄下に置かれ離宮となりました。その後、1946年からは都立庭園として、一般に公開されています。

特徴としては、東京湾から海水を取り入れていて、現在、都内で唯一の海水の池がある庭園となっています。

また、桜、菜の花、コスモスなどの花の名所として知られています。

byなおいー

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

4 thoughts on “なおいー写真紀行第91回、国内各地第38回

  1. 桜と菜の花は、どこで見ても名コンビですね!

    田舎者からすると、東京は都会のイメージしかないのですが、色々あるのですね。

    海水の池と言うことは、魚も海の魚のでしょうか。

  2. 中央区でも菜の花畑が見られるのですね。すごく綺麗です!(^-^)

    菜の花、今年はあまり見ていないような気がします…。

  3. 写真だけ見ていると、最初と最後が同じ公園なんて思えませんね。
    海水の入っている池にも驚きました。管理
    は普通の池と違うのか?気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。