自己変革のために

私達は、誰でも欠点を持っています。そして出来ることなら、それらの欠点を克服して、成長したいと願うものです。

特に宗教的なことに興味を持ったりすると、その教義等に基づいて反省したり、教えを実践するなどして、欠点を修正して成長しようと努めるものです。

それで人間的に成長して、人格者となれるのであれば、この物質界においては素晴らしいことなのかもしれません。

しかし私の経験上、宗教的な教義を実践したり、反省行等を行っても、何度も同じ失敗を繰り返してしまうことが多く、数十年経っても、ほとんど成長が実感出来ない、などということが少なくありません。

それは、この物質界で前面に出ている意識が、肉体の脳を通して表現されている意識に限定されていることに、原因があると考えられます。

本当の人間は、《幽体》や《霊体》の意識など、様々な意識が複合した存在なのだそうですが、その中で、今、私達が使用している肉体の意識は、まるで氷山の一角のように、全体のほんの一部に過ぎないようなのです。

ですから、肉体意識で学んだ宗教教義等を基に、どんなに熱心に自己を変革しようとしても、変わるのは氷山の一角のような肉体の意識のみで、それだけでは、とても意識の全体を変革して、成長させることは不可能なのです。

私達の肉体には、《幽体》という霊的身体が重なっていて、《幽体》には《幽体》の意識があるそうです。《幽体》は、私達の肉体が死を迎えると、肉体と分離して《幽質界》という霊的な世界へと入り、そこでは《幽体》が前面に出るそうです。

前記のように、物質界に居る間は、肉体の意識が前面に出ているので、《幽体》の意識の思いを、私達は明確に感知することは出来ません。

しかし、肉体と幽体は重なっているために、相互に影響を与え合うそうです。

実は幽体の中には、過去世の未浄化な思いも潜在しているそうで、何かのきっかけでその思いが甦ってくると、肉体の意識に強い影響を与えて、人生を予期せぬ方向へ引きずるようなこともあるそうです。

すなわち、物質界において、人間が成長していくためには、肉体の意識を成長させるだけでは不十分で、《幽体》の意識をも成長させることが必要なのです。

それでは、《幽体》を成長させるためには、どうすればよいのでしょうか?

肉体を成長させるためには、適切な栄養摂取と適度な運動が欠かせません。

それと同じように、《幽体》を成長させるために、必要なものがあるのです。

それこそが《高級な幽気》です。《幽気》とは《幽体》の中を流れている血液のようなものですが、物質界の空気と重なった状態でも存在しているそうです。

ですから、もし物質界の霊的状態が良好で、《高級な幽気》が空気と共に存在しているのであれば、私達は特別な事を行わなくても、普通に呼吸をするだけで、《高級な幽気》を吸収することが可能なのかもしれません。

しかし、誠に残念なことに、現代は物質界を取り巻く霊的環境が劣悪なので、空気と重なっているのは性質の低い幽気なのだそうです。

汚染された空気を吸えば、肉体の健康が害されるように、性質の低い幽気と接触したり、それを吸収したりすれば、私達の《幽体》は活力を失い、不健全な状態になってしまうのです。

今回は詳述しませんが、《幽体》が不健全だと、物質界においては、不道徳な霊魂(悪霊の一種)の干渉を受けて、予期せぬ不幸に見舞われたり、死後はまるで地獄のような苦痛に満ちた、《幽質界》の下層に落ちてしまう危険性が高まるそうです。

このように私達は何としても、《高級な幽気》を吸収して、《幽体》を成長させる必要があるのです。

肉体でも、摂取する栄養が不足して、栄養失調になってしまったら、肉体は正常に発育しません。それでは、いつになっても大人としての能力は発揮できません。脳を含め、全身の器官が正常に発育してこそ、その能力が発揮出来るようになります。

《幽体》でも同じで、必須の栄養素である《高級な幽気》が不足すると、《幽体》は栄養失調になってしまい、成長することが出来ません。

一方、《高級な幽気》を十分に吸収することが出来た《幽体》は、その成長の度合いに応じて、意識の中の高級な部分が目覚めて現れてくると考えられます。

結局、この意識の中の高級な部分を目覚めさせるということが、過去世から受け継いでいる、《幽体》の意識の中の未熟で未浄化の部分を、克服し浄化させるために必要な、確実な方法だと言うことになるわけです。

そのためには、《高級な幽気》をお持ちの《指導霊》の方々がお越しになる、《契山館》の集会に参加したり、各種研修会に参加して、《神伝の法(〈神伝禊法〉と〈神伝鎮魂法〉)》の《霊的トレーニング法》を習得し、日々、実習することが必要です。

物質界での習い事などでさえ、上達するための確実な方法は、可能な限り本物に触れ続け、真髄を極めた指導者に指導を請うことだと言えます。

ましてや、人間が霊的な成長を目指すのであれば、《水波一郎師》の指導を受け、《高級な幽気》に触れる機会を持ち続けることが、何よりも大切だと言えるでしょう。

尚、新型コロナウイルス流行の影響で、2020年6月7日現在、《契山館》の集会や各研修会等の中には、中止や延期が決定しているものがあります。

byなおいー

 

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

3 thoughts on “自己変革のために

  1. 人間は幽体と重なっていますからね。
    その幽体も成長させないと、なかなか全体として成長出来ないです。

  2. 「分かっちゃいるけど止められない」「自分の思いとは違うことをしてしまった」そんな曖昧な行動を繰り返して後悔しっぱなしの人は大勢いらっしゃると思います。

    自己分析して反省しても、知らず知らずのうちに都合の良い言い訳ばかりを後付けし、正しい判断を思い込みに曲げられてしまうことも多いのではないでしょうか。

    人間の心は思っている以上に複雑なようです。それは、肉体ばかりではく、霊的身体にも心があると言うことを知らなければ分からないそうです。心理学でも幽体の心までは分かりません。

    その深い部分にメスを入れるのは、正しい指導者に学ばなければ逆に危険です。

    独学は最も危険な世界です。

  3. 幽体を鍛える指導を受けますと、いかに日常に霊的な事柄が関わっているのか、驚くことばかりです。
    霊的トレーニングの絶大な効果に触れるほど、霊的な事柄に対し、慎重にいかなくてはと心から思います。
    会員が安全に成長できるのも、会のご指導あってのことで、
    ガンリキさんも触れてらっしゃいます通り、本を読んで瞑想を独学で行うなんて、霊的危険を知りますと、恐ろしくてとてもできません。
    霊的なトレーニングは、正しく行いさえすれば、今回のなおいーさんの記事の通り、素晴らしい効果を行った方全員に授けてくださいます。
    人類にとって、真の宝物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。