新刊『霊的な小説1 仮想の剣 霊の剣』発売!

水波一郎師の新刊が発売されました。

霊的な小説1 仮想の剣 霊の剣

kindle版

ペーパーバック版

この小説には、「仮想の剣」「霊の剣」という、霊魂の協力で書かれた2作品が掲載されています。

「仮想の剣」は、契山館のHP『霊をさぐる』で公開されていた作品ですが、現在はHPには掲載されていません。

どちらの作品も、戦国の世に生きる剣士が描かれています。

当時の人々の、生と死に対する考え方は、現代に生きる私達には理解できるものではありません。ですが、小説の生き生きとした描写は、当時の人々の感覚を共有できるような、不思議な体験ができます。

「霊の剣」は、神秘的で壮大な歴史を感じることができる作品です。

是非、お読みください。

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

新刊『霊的な小説1 仮想の剣 霊の剣』発売!」への3件のフィードバック

  1. 「仮想の剣」は、武を志した事のある人には興味を引かれると思います。「命がけ」のリアルさには、ぬるま湯につかっている私には言葉がありません。霊的な視点は奥が深過ぎます。

    「霊の剣」は、現代のためにどれだけ霊的に計画されていたかを思うと、頭が下がるばかりで、地上にいる自分の今の姿を思うと、情けなくて言葉が出ません。

  2. 武士同士の真剣を使った命がけの戦い!
    今の時代とは全然違いますね。ぜひ読んでみて下さい!(´艸`)

  3. この現代の日本では、この書籍のような緊張感は、どこを探しても、存在しないものですね。
    張りつめた空気がまるで目の前に広がっているようで、剣術に何のご縁のない私も、ドキドキしながら最後まで読ませていただきました。

    緊張感のあるお話なのに、とても読みやすかったです。考えてみると不思議です。

    この書籍を通して、真に霊的な剣の存在を知れば、生きることの意義がもっと見えてくるかもしれませんね。
    コロナウイルス一色の毎日にこそ、そんな刺激が必要なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。