イタリアこぼれ話(その4)「イタリア人との待ち合わせ」

一般的にイタリア人は時間にルーズである、と言われることが多いようです。

たとえば仕事の約束でも、イタリア人が「来年」と言えば、よくて再来年、下手をすると3年後や5年後になりかねない、などといった話を耳にしたこともあります。

それでは、実際にイタリア人と待ち合わせをすると、どうなるのでしょうか?

私がイタリアでの生活を始めて、数ヵ月後のこと、10人ほどのイタリア人と、ミラノ市内の、ある建物の前で待ち合わせをしました。

待ち合わせ時間は、多分、朝の9時頃だったと思います。確か、9時にならないと、その建物が開かないので、9時に待ち合わせたのです。

私は、場所が市内中心部の交通が便利な所にあり、早く行っても中には入れないので、10分前、すなわち8時50分に到着するように、現地に向かいました。

日本人なら、おそらく一般的な感覚だと思います。

ところが8時50分に、私が待ち合わせ場所に着くと、まだ誰も来ていないのです。そればかりか、8時55分になっても、9時になっても、9時5分になっても誰も来ません。

そして、9時10分頃、私が日時を間違えたのかと、不安を感じ始めた頃になって、ようやくポツリポツリと集まり始め、全員が揃った時には、9時半を過ぎていました。

日本なら時間に遅れれば、まず謝罪をするところでしょうが、そのような言葉もなく、彼らにとっては普通の日常のようでした。

それからは、イタリア人と待ち合わせをする時には、少なくとも時間より早く着かないように、注意したものです。特に寒い冬の朝などは要注意でした。

でも、私は思うのですが、この世では時計の時間に合わせなければ、不便なことも多いですが、時間に正確ならば幸せ、とは言えない面もあるような気がします。

ある意味では、多少の時間の遅れなど気にしないイタリア人の方が、時間に縛られずに、自由に生きていて、幸福感が高いのかもしれません。

ちなみに、イタリア人の中には、絶対に目的地には30分以上前に着くというような、極端に時間に厳格な方もおられますので、イタリア人との待ち合わせには、遅れても大丈夫などと安易に決めつけていると、大変な目に遭うこともあります。

結局は個人の個性の問題で、日本人は・・・、イタリア人は・・・などと、類型化出来るものではないのでしょう。

byなおいー

 

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

 

イタリアこぼれ話(その4)「イタリア人との待ち合わせ」」への3件のフィードバック

  1. 日本では、沖縄の人がそんな感じだと話に聞いたことがあります。

    私の息子の過去世がイタリア人だったのですが、時間にルーズなのは過去世の影響なんでしょうか(;゚ロ゚)

    せっかちの私には、なりたくてもなれないです。

  2. 僕は心配性もあって、早めに行きたいんですけど、
    結婚してから、女の人って準備が遅くてビックリです(苦笑)
    まだ!?もう遅刻しちゃう!っていつも心配ですよ~^^;

  3. 面白いですね~、所変われば常識も変わりますね!

    イタリアで厳格な時間感覚で生きている方が気になりました。
    時間に縛られず生きている人が多い中、毎度どんな思いで相手を待つんでしょう。日々、怒りや苦労が多そうですね。

    常識と自分の感覚が大きくずれていると、生きること自体が大変になってしまいますね。

    特に死後はあまりにも一般常識が通じない世界とのことなので、皆様、どうぞお気をつけください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。