なおいー写真紀行第119回、海外(その19)

今回も、イタリアのシチリア島にある、タオルミーナの画像です。

1枚目はタオルミーナのドゥオーモです。ドゥオーモとは、その街を代表するカトリック教会のことで、大聖堂と訳されることもあります。

2枚目はタオルミーナの時計塔です。

シチリア島やタオルミーナに関しては、本稿では説明を省略していますので、2021年3月24日の第117回をご覧頂ければ幸いです。

(本写真紀行シリーズ内で使用している画像は、自宅近郊で撮影したものを除き、全てコロナウイルスの感染が拡大する以前に撮影したもので、2020年2月下旬以降に撮影した画像はありません)

byなおいー

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

なおいー写真紀行第119回、海外(その19)」への4件のフィードバック

  1. ハリー・ポッターに出てきそうですね(^.^)

    時計の針は10時55分かな?夜遅くの撮ったのですね。
    私なら寝ている時間です(^.^)

  2. 何時頃撮ったか忘れていましたが、確かに時計がその時間を示していますね。

    イタリアの時計表示はあてになりませんが、さすがに時計塔ですからね・・・。

    でも、夜遊びというわけではなくて(笑)、イタリアでは夕食が21時頃からなので、食後に散歩に出ると、大体この時間になります。

    オペラ公演なども、21時に開演して、終演は0時過ぎというのが普通です。

    とは言え、今でも私の頭が冴えてくる?時間です(笑)。

  3. イタリアは夜時間を愛する国民性なのですね。なおいーさんのお話は、生活に根差しているお話なので、とっても面白いです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。