なおいー写真紀行第122回、海外(その22)

今回から124回までは、イタリア、シチリア島のアグリジェントの画像です。

アグリジェントはシチリア島の南西部にある人口約6万人の町で、神殿の谷と呼ばれる考古学地区には、保存状態の良いギリシャ神殿が数多く残っています。

1枚目の画像はコンコルディア神殿、2枚目はヘラクレス神殿で、どちらも紀元前5世紀頃に建造されたそうです。

ギリシャ神殿は、ギリシャ神話の神々などを祀った神殿で、主に紀元前7世紀頃から紀元後2世紀頃まで建造されたとされています。

ナポリ以南のシチリアを含む南イタリアの都市は、当時はギリシャの植民都市であったので、たいへん多くのギリシャ神殿が残されていて、ギリシャ本国よりも保存状態の良いものが多いと言われています。

byなおいー

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

なおいー写真紀行第122回、海外(その22)」への3件のフィードバック

  1. 写真だけでも迫力が凄いです!
    イタリアの都市に自国の神殿を建設するギリシャ側の気持ちとしては、決して神への美しい思いだけではないのでしょうが、
    神に向けてのこれだけ立派な建設物をはるか太古の時代に建築できる技能・・・凄いです。美しくて見入ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。