書籍『守護霊になった人 – 神様のお庭の掃除人 -』

水波一郎師の新しい書籍が発売されました。

『守護霊になった人 – 神様のお庭の掃除人 -』

主人公の政吉さんを通じて、近代の霊的な歴史を、

今を生きる私たちに伝えてくださる一冊です。

 

今も活動されている守護霊のことを思わずにはいられない、感動の一冊です。

是非、お読みください。

 

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

書籍『守護霊になった人 – 神様のお庭の掃除人 -』」への3件のフィードバック

  1. 人類を救うために悪戦苦闘している霊魂団の活動を読んで、私も弱気になっていられないと考えさせられました。

    どんな小さな活動でも、神様の庭のほんの片隅くらいは、掃除できるかも。

  2. 守護霊様は高級な存在です!
    そんな高級な方のお話なので、面白いですよ(*≧∇≦)b

  3. 守護霊という存在が、どんな経緯を辿って霊的に成長され、お役目を担うことになったのか、
    地上の人間のために、いかに奮闘されてらっしゃるのか、物語を通してよく分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。