なおいー写真紀行第137回、海外(その37)

今回は、ポルトガル南部にあるサンヴィセント岬の画像です。

サンヴィセント岬は、ユーラシア大陸の南西端にあり、ほぼ垂直の高さ75メートルの断崖が続いています。

次回からはスイスとフランスの、アルプスの山岳画像をご覧頂く予定です。

byなおいー

☆✉  メールフォーム  ✉☆

 

なおいー写真紀行第137回、海外(その37)」への3件のフィードバック

  1. 豊富な海の生き物もいるそうですね。ウィキペディアで調べました(^.^)

  2. 珍しい地形ですね。
    私もウィキペディアを見たのですが、他より日没が大きく見える、神聖な場所だった、とか。確かに日没が美しそうな場所ですね!
    そこに神様を感じた太古の方々の感性を、現代人も取り戻さねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。